“Москва Слезам Не Верит.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(泣いたところで 誰も 助けてはくれないものだ)”


П рофиль

名前:Quetzalcoatl=フランボワーズ=ルーチカ
所属:ポイエーシス=オルガノン “やまね”
年齢:不明(生物兵器の為)
身長:123cm
体重:不明
種族:Quetzalcoatl
能力:raison d'etre
性癖:不明

薄紫色の髪に翡翠の瞳をした子供。
赤いリボンのついた真っ白なシルクハットを被り、白のドレスシャツに黒のジャケット。
頸に鈴のついた夜色の首輪をして、深紅のふんわりとしたスカートと黒のブーツ。
肩から桜のブローチを付けたポシェットをさげ、小振りなノートを握り締めている。

川で拾われたケツァル・コアトル。所有者を“飼主様”と呼んで、慕う子供。
スタート地点は平等ではない、境遇も平等ではない、そんな当たり前の物語を綴る小さなペン。

Ф игура

性格。
大人しく、引っ込み思案で、少し世間知らずながら幼い優しさを孕んでいる。
けれどその裏側で“飼主様”から与えられない情に焦がれ、時折その純粋性ゆえの狂気が滲むことも。
問題は、ソレを狂気と認識せずに正常な意識と二つが混乱せず天秤上で吊り合っているところか。
身内でない大切な人を守るために人を殺してからはその不安な天秤が更に“安定”したらしく―――?

С пособность

≪ raison d'etre ≫
“出口”と”入り口”を形成する彼女の能力。
高密度な魔力塊である二本の羽根ペンを操る――ただ、彼女の魔力量と羽根ペンの魔力はつりあっていない。
それだけならばなんら戦闘に向かなさそうなものだが、彼女はそれと魔術を併用している。
被っているシルクハットの内部に『物質の概念を分解→再構築』させる陣が描かれており、
たとえば“ライター”を帽子に投入し、その概念を“焔”として再構築させて火の玉を吐く、などで攻撃する。

この能力の真価は複数戦での“カウンター”だと見られている。
戦場を縦横無尽に駆け巡る羽根ペンは実体が無いため捕らえにくく、
“入り口”のペンの描く円で攻撃を受ければ、“出口”の描く円から相手の攻撃を半減した威力で跳ね返すことができる。
その真価の欠片は“帽子屋”と挑んだ対シズク聖輪戦でも発揮された。
今後、心身ともに成長していけば――決して軽視できない戦力となるだろう。

ч то-то необычное

近況。
前述通り、ポイエーシス=オルガノンの特徴でもある“無音のテロ”にプーシュカと参戦。
けれど捨てきれない弱さと甘さで彼の足を引き摺る結果になり、逃走。
黒白の中間、灰色の世界で揺らぐ少女――涙を諦めた子供が、その先に見るものは。