満天星余韻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒャハッ…あ゛ー、だりぃ



【白い獣の様な長髪、頭の上には兎耳のように二本の髪が逆立っている】
【黒のタンクトップにジーンズ、黒光りするベルト、腕には謎の機械を巻き】
【逆三角錐の不気味な黄金ネックレスを身に着けた、身長180cm程の「少年」】
【肩に鋼色の雀を留めている】

満天星はどうだんつつじと読む。

常にやる気無い感じの、シニカルな笑みを称えた若者。所謂ダウナー系。俺様野郎。
何故か髪のウサ耳っぽい部分が動く。ピコピコ動く。本人はコレは髪だと言っている。それでも動ry
身長が割りと高めで、ぱっと見「青年」という印象を受けるだろうが、雰囲気からか「少年」という表記が正しい。
甘いもの狂いで、香りを嗅ぎ過ぎて吐き気を催したりしてる。アホ。

の鋼色の「雀」を肩に留めており、機関員を探している。
探す最中、何故かシュークリームをご馳走になったり した。

能力は夕霧と同じ様だ。

人物と出会う時、必ず「人生を楽しんでるか、今すぐ死にたいと思うか」という質問をする。
彼は其れを「死にたがりは殺したくなる」、「弟が馬鹿だった」と語っているが…?

名乗る時、「身体」は唐草夕霧、「俺様」は満天星余韻と語る彼。
そういえば、唐草夕霧の姿が最近見えない。彼と何か関係が深い存在なのかもしれない。

【近況】

ヴァルトスラットと雑談したり、めっちゃ暢気に過ごしてる。

【どうでもいいオマケ】

コイツの容姿の元ネタ当てる事出来たら神