今路 説夢(PN)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「───昔の人は、言いました」


今路 説夢 IMAJI Setsumu (Pen Name)

少女の域を出ない年齢。ペンネーム。
茶髪で、後ろ髪は背中に掛かる程度に長く、前髪は眉より下で切り揃えられている。
その下で開かれている色素の薄い瞳が特徴的。
服装は基本的に白のシャツの上に橙色のベスト、やや短めの紺色のスカートを着用している。
また、ヘッドバンド部分が細く、エッジの効いたデザインの[黄色いヘッドフォン]をアクセサリ感覚で愛用。市販されている物ではなく割と高性能らしいが、入手経路は不明。

良くも悪くも自分の信じた道のみを邁進する。
妄想が激しく、彼女の頭の中では現実と平行して何重もの世界が展開されており、それらが頻繁に交錯するため精神的に不安定な面がある。しかし平常時は“理想の自分”を演じているので、無気力な性格が出ていることが多いよう。
独特の口調も相俟って、会話を成立させるのは至難の業。(不可解な言葉は或る程度スルーした方が円滑なコミュニケーションを図れるかもしれない)
他人を固有名詞で呼ばない。

自称「ストーリーテラー」。
オハナシが好き。物語の中の出来事と現実とを取り違えていたりするかもしれない。
しかし偶に現実主義的な言動も見られるため、それは故意的なことなのかもしれない。不明。

総括すると“電波”。


能力


・『唯我夢中』
「私がひとりぼっちの時に、『誰もいない』って言ったら、私もそこには居ないのかな」

夢の中では、例え其処にどれだけの登場人物が存在していたとしても、結局の所それらは全て自分の妄想の産物である。
そのことを「自分独りが居る」と考えるか、「自分こそが居ない」と考えるのかは人に依るが、結局は同じ事なのかもしれない。
技と言うよりは性質。また今路の能力全体を包括的に表す。
“夢見たことを実現させる”のだが、単に自分の望むままのことが全て叶えられるということではない。
その基本は夢見たモノに応じた『自己暗示・魔力による自己強化』と『小規模な物質具現化』の組み合わせによるものであり、それ故基本的に効果は自分のみで、イメージが出来ないもの・力量を越えるものは叶えられない。逆に、イメージが鮮明である程に精度は高くなる。
具現化能力の部分を駆使すれば、消耗品を創造すること(食べ物等)も不可能では無いのだが、魔力が回収不可になることにより生成物の二乗程度のエネルギーをロスするため、非実用的と言える。
同様の理由で“夢が破られる”と相当量の魔力を消耗する。

+ “夢の中身”

・『夢中説夢』
「『夢中説夢』を、開始します」

夢の中にて、夢を説く。それは戯れた虚妄であり無意味の象徴。
しかし、この世界をこそ「夢」であるとするならば、それは転じて今世の真理へ向かう路の一つと成り得る。
すなわち自らと己の存在する世界の姿を自覚し、他ならぬその世界を、世界に対して語るということ───。
今路の奥義。
『唯我夢中』の発展形であり、基本的な部分はそれに準ずるが、最大の相違点は、「自分」以外の物に対しても効力を発揮するという所。
より柔軟な行動が可能になる代わりに、制約も相応に大きい。
まず、より正確で強いイメージが求められるため、『媒体』と『詠唱』が必要となる。
詠唱は媒体を起点に、所謂「連想ゲーム」のように言葉を繰ることで成立する。
そのため、媒体は在る程度求める結果に近い物でなければ、色々と残念なことになってしまう。
スピードが求められる戦闘には向かない。

所有物


ヘッドフォン お気に入りの黄色いヘッドフォン。非売品

関係


少なくとも、友達は多くはないだろう。
親戚に「面倒なオハナシのお兄さん」が居るらしい。

過去


恐らく、ずっと、本を読んでいた。
何時からか「外の世界」に物語を求め、そして人々に出会う。

現在


特に目的もなく色々な場所に出現している。
「オハナシを書くには人生経験が必要」とのこと。

(チェック漏れが少なくとも数回……現在サルベージ中です)
  • 妖精さんと、森で。風は、見えない。(2010-04-05)
  • バケモノさんと、街の何処かの屋上で。多分、街が怖かった、から。(2010-04-07)
  • 砂浜で甘い人。「甘い海が欲しかった人」のオハナシを、したけれど、していないオハナシは、していない。(2010-04-08)
  • 仙人さん(魏雲)と、公園から竹林。月のスッポン。(2010-04-29)
  • 路地裏でナイフさんとあくしょん。「ぬぐとすごいんです」?(2010-05-04)
  • スケートボード君と路地裏、暴れたい気分だったんじゃないかな、私が。(2010-05-08)
  • 森で鐘さんとオハナシ。「完璧な物語」?……よく、分からない。(2010-05-12)
  • コンビニ店員さん、森で黒猫のオハカ。(2010-05-25)
  • ブラブラする人と、森で。探し物は私です。 (2010-05-31 22:31:46)
  • 落ちてきた人。海に。ガクエントシ?(2010-06-02)
  • 廃墟で、怠惰な人(大宮志穂)と。悲しいのは、何故だろう (2010-06-05 18:38:41)
  • 流れている人は塔を作った。私は城を作った (2010-06-06 19:09:53)
  • 雨の街、濡れた人。生きているから。 (2010-06-30 20:53:37)
  • 廃墟で壊し屋さんと会う。若い、若くない。 (2010-07-23 22:52:11)
  • 美化委員長さん森で迷う。飛べばいいとおもうよ。 (2010-08-11 21:38:49)
  • 崖、カラス使いさんナイスガイさん。それが、夢だから。 (2010-08-25)
  • クルスさんと話した森の廃屋。たったそれだけのことなのです。 (2010-09-17)
  • 小さな夢は路地裏で。そうして、くるり、くりかえす。 (2010-09-28)
  • 公園で降りて、開けてくれた人(黒岩 凌子)に。赤は、そんな色。 (2010-11-24)
  • 廃墟に、誰か。理由は、ずっと無い (2010-12-11 22:53:07)
  • 霧雨振る森飴噛む侍さん。甘い物は正義。 (2011-07-20 12:49:50)
  • 暗い洞窟の中で蛇と魂喰らいと食べられてた人。大丈夫。 (2011-07-31 17:45:08)
Story


+ 中の人的な雑多