アーロン・オルガネラ【≪四刃≫】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――アーロン・オルガネラ

純白のシルクハットに、同じく白い燕尾服に身を包んだ青年。
目元のみを覆う黒いドミノマスクの奥に光る双眸は、血の如く紅く、
鋭いクレセントのように歪んだ口元を張りつけて、細身の黒い手袋を嵌めた両手を広げており
しかしそれとは対称的に、燕尾服の上からでもわかるほどに、彼の身体は強靭である。

凄まじいハイテンションの持ち主であり、自称「トリックスター奇術師マジシャン」。
≪R.I.P.≫の突撃部隊≪四刃(フィーア・シュヴェアート)の一員だった。
≪四刃≫としての二つ名は≪幻鋭≫または≪幽惑の幻鋭≫。

ケヒャヒャヒャヒャ、やイヒャヒャヒャヒャヒャ、といった奇笑が特徴的。
言葉には「~だヨ」「だネ」「♪」「☆」「↑」など色々アクセントが付く。
また、戦闘後半になってくると、スラング言葉も多用していた。
なお、愛称はオルガ。

奇術師を自称するが、やった手品は
「♪ポケットの中にはビスケットがひとつ~」
「♪ポケットを叩くとビスケット~が~」
「♪コォォナゴナだァァァァアアアアア!!ケヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!」くらい。
ある意味伝説的な手品である。ちなみにこれ、相棒だったワーズに「……重症」と言わしめた。

戦闘に於いては、後述の能力≪スウィート・アンド・ディシートフル≫を用いた立ち回りが主。
ステッキによる鋭い杖術、そして鍛え上げられた肉体から放たれる体術を使用していた。
能力の難解さに加え「攻撃のブラフ」、視線誘導術などを多用し、かなりトリッキー。
しかし恐らく彼自身の実力は、≪四刃≫の中でも上位2人のどちらかであっただろう。


――≪スウィート・アンド・ディシートフル≫

オルガが使用する能力。発動と同時に、黒いステッキと幾枚かのトランプが出現。
トランプはオルガネラの周囲を護るように舞い、ステッキは彼のメイン・ウエポンとなる。

非常に複雑難解な能力である。
その能力内容は『トランプに“攻撃の性質”をコピーし、同じ絵柄のトランプから“解放”する』。
トランプを攻撃媒体に触れさせた状態(ステッキで攻撃するならステッキ)で攻撃を放つと、
その攻撃と全く同じ性質・威力・角度を持つ「不可視の攻撃」がトランプにコピーされる。
そして同じ絵柄の全く別のトランプから、その攻撃を解き放つことができるのだ。
即ち、例えばハート柄のトランプを持った状態で、ステッキで敵を攻撃したとする。
するとその攻撃はハート柄のトランプにコピーされ。
オルガの周囲を舞うハート柄のトランプから、全く同じ「ステッキの攻撃」を放てるのだ。

またトランプそのもの自体を攻撃することでも「コピー」は可能らしく、
オルガは一度、ワーズにトランプをナイフで切らせようとしていた。
恐らくそれが成功していれば、同じ絵柄のトランプから斬撃を放つことができていたのだろう。

実はトランプの絵柄は攻撃の種類に全く関係無く、それはウェインを惑わせる結果にもなった。
まさしく『奇術師』を名乗るオルガに相応しい、相手を迷わす幻惑の能力である。


――終焉

ワーズと共に水の国を襲撃、≪R.I.P.≫の売名行為を行っていた際に、
駆けつけたウェインプーシュカサラと対峙。
ウェイン、プーシュカの2人を相手どり激戦を繰り広げた。
然しウェインの機転、プーシュカの攻撃によりピンチに陥り、
隙を突かれてウェインの『断空』、プーシュカの『砲撃』を直撃。死亡した。
余談だが、≪四刃≫及び≪R.I.P.≫において、最も早い戦死者と成った。



……と思ったら、どっこい生きてた。




どうやらほとんど死亡と変わらない状態で、9割近くは死んでいたらしい。
だが、四刃の隊長カーネルの部下であるアクセルヘッドが、その技術力で彼を蘇生。
1割の肉体に9割の機械を加え、通称「メタルオルガネラ」として復活させた。
元々身体能力が高かったが、その皮膚の下に強化装甲を内臓。
更に手に銃、肘に針など様々なウエポンを仕込み、まさしく全身兵器の戦士としてパワーアップ。
光の国・物資運搬列車強奪作戦において、復讐心を胸にリターンする。

再び複雑難解な能力スウィート・アンド・ディシートフルと、
自身の強化された身体から放たれる杖術で、ミル、番怒 氷山と戦闘。
両者を苦しめるが、ミルの強力な術で列車両もろとも攻撃され大ダメージを負う。
これに激昂し我を失い暴走。何もかもを見境無く攻撃しようとする。
この際、仮面を外していたワーズも巻き込んで攻撃しようとしていた。

ミルに拘束された両手足を「分離」させ、胴体だけで浮遊しつつ、
トランプを両腕の分離面に移動し『両腕の性質』を『解放(再生)』。
スウィート・アンド・ディシートフルの能力を応用しながら最終の戦いを挑む。

しかし、手負いの黒野 カンナに一瞬気をそらされ、その隙にミルに「心臓部(コア)」を破壊される。
能力効果も浮遊効果も失い、胴体と頭だけで床に落下。正気に戻り、事態も理解できず、
事実を認められずに叫び散らし、『嘘だろォォォォオオオオオオオオオオ!!』という咆哮と共に、
そのまま列車床に空いた穴(=つまり、下は時速数百キロの線路)に落下。
暴走する列車に巻き込まれ、悲惨かつ呆気ない最期を遂げた。