ボージャック・オーボウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 ボージャック・オーボウ

【容姿】
黒いズボンを履いた若い男、ライオン尻尾が生えている
腹にサラシを巻いて、首、手首、足首にちぎれた鎖が繋がったスパイクつきリングを巻いている
左胸には傷跡があり、常にハイな顔をしている
茶色い髪を高く盛り、パイナップルのような髪型の中に獣耳を隠している

【人物】
小悪党で暴れん坊で傍若無人で唯我独尊
自分の事を「武神」だの「獣王」だの「最強」だのと謡っている、信じて疑わない
ケモノ部分(耳と尻尾)に触れられるのを嫌う
嫌いな物は無いと言うが、鞭と野菜は大嫌い
頭が悪い訳ではないが、興奮すると物事を深く考えなくなる
野生味溢れる野性児
戦闘ではタイマンを好み、味方からの手助けは一切受けようとしない、手助けされるとぶちギレる勝手な性格
機関議員相手に本能のまま喧嘩をふっかけ敗戦、そのまま手下もろとも機関を脱退した

【能力】
《縦横無尽》
  • 読み方は《バーデン・オールラウンド・NoLimit・プロビデンス》、よく噛む
  • 壁や天井、空中に立つ事が出来る
  • 立てる時間は10秒までだが、その場を移動すればまた連続で能力を使える
《獣王刃》
  • 読み方は《ビースト・キング・ブレイド》、そのまんま
  • 両手に魔力でできた堅い爪を装備する
  • 軽く鋼鉄に匹敵する強度で、いくらか魔力耐性がある

【戦闘方法】
己の体を使った肉弾戦、遠距離は苦手
獣人故の怪力と運動センス、素早さをフル活用するが、裸なので耐久は紙

【備考】
カノッサ機関のNo.119、だったが余りの馬鹿さに自分から反逆、機関を脱退した
彼にとって自分より上の存在はおらず、命令されると即反発する困ったちゃん
もしかしたらこいつより有能かもしれない手下が三人いたりする

【手下達】
  • アッシュ:通称《手下A》
台詞括弧は「」、まとめ役で苦労人
「さーて、新しい仕事探すか」

  • ビリー:通称《手下B》
台詞括弧は『』、母親思いの一級フラグ建築士
『母さん、俺は地位より人情を取る不器用な男になってしまいました』

  • クラウス:通称《手下C》
台詞括弧は[]、真面目なトリガーハッピー
[銃撃は任せろーバンバン]

服装はお揃いのグラサンとスーツ、その他はご自由に御想像ください
全員何故かボージャックを慕っている
全員ギャグマンガ体質である
中の人もたまにどれが誰かわからなくなる

  • 草原にて、謎の怪力女と戦闘、暫くしてから地面に刺さった彼が発見された (2010-07-12 23:55:14)
  • 街中にて空腹で暴れていた所を桃色狼少女と遭遇、少女を喰おうと襲うも肉を喰った事で一時的に衝動は収まる…が、少女が余りに美味そうだった…らしい (2010-07-15 00:43:39)
  • シェン・ロンドの昼の国襲撃に参戦、本能に任せ何故か反抗。銃弾の雨を受けて倒れた所を手下三人に回収され逃走、名実と共に機関を脱退した (2010-12-06 02:16:23)
コメント: