ウィスカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君たちが神に憧れるのと同じように――私は"果て"に憧れるのだよ

"進化の果て"に


@基本でーた


・Name

本名キャッツ・"ウィスカー"・キラーズ

キャッツ・ウィスカーは直訳してネコノヒゲ、シソ科の インド,マレーシア原産の多年草。
花言葉は"進歩"と"貢献"

・Looks

黒い長髪をオールバックにし一つに纏め、お洒落なカッターシャツにネクタイ、ベストを着こなしたメガネ
無駄にイケメン

・Character

進化という言葉を好み、進化することに異常なまでの執着心を覚え
人々を進化する為の犠牲と割り捨て、櫻が夜行の砂の国襲撃に便乗し、殺戮を開始した。

そんな彼の性格の根底にあるのは、過去の二つの出来事。
詳しくは後述するが、一つは哀しみであり、もう一つは後悔

その二つが合わさった結果、彼という人物が構成される。

@戦闘に関するデータ



・Ability

身体能力は普通の人間並み
しかし、アートマン能力を所持し、さまざまな応用手段を見せる辺り
大分知能は高いようだ

・Danger Zone

胸の中心にプロペラをつけたがっしりした大柄な男のアートマン
どう見てもエアーマン。

胸のプロペラを回すことで、突風を生み出す

・概要

地中を進む魚雷と、地中に潜む地雷と、空中に見えない機雷を自由自在に設置する能力。
射程距離は10m程度で、同時にある程度の数をおくことができる。

それぞれ威力はそこまで高くなく、何個もぶつけないと致死には至らない。
ただし、爆風がそれぞれに触れた場合、連鎖で爆発し、かなりのダメージを生み出す。

地雷は爆発する前に電子音がなり、数秒後爆発する仕組み
それは、ウィスカー自身が地雷を踏み、自爆するのを防ぐため

また、機雷は見えないだけであり、そこにある
つまり、風の流れを読めばどこに機雷があるか分かる。

それを防ぐためにウィスカーはDanger Zone本体のプロペラで突風を生み出し
風の流れを変えようとする。

・弱点

彼自身にも爆風によるダメージ、爆発によるダメージがあるため
近くで爆発することはできない。

また、地中と空中のみで、地上の相手への対処法が無い。

しかし、ユーリーとの戦闘中に自らの左腕を折り
更に進化した能力を得る(Danger Zoneの真の能力)

・Danger Zone "Out Of Control"

スラリとした漆黒の長身の男のヒトガタ

・概要

地中、地上、空中、どこでも好きなところに地雷、機雷、魚雷をセットできる能力。
Danger Zoneの上位互換の性能

@おもいで


・History

過去に研究所で働いており、数々の犠牲を払い(恐らくは人体実験の末)一つの"奇跡"を生み出す
しかし、その"奇跡"となった少女の生活は地獄そのものになり
その自責の念から、研究所を抜け、結婚、幸せな生活を営む

しかし、ノアの火の国侵略の際、家族を殺されてしまう。

その時のノアの人工能力者の姿に憧れ――否、正確には
ノアに対する怒りを、憧れという形で転嫁したのだ――他の人々に
進化するためという名目のため。

その事にユーリーとの戦闘中に気づき
死亡する間際に――自らを悔い、ユーリーに希望を託し、死んでいった。

ユーリー当人は、あんまり彼の事など気にしていない様子だったが
最後に楽しかったと言う辺り――――

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

・元ネタ

キラーズ

――――イギリスのロックバンドThe Killersから
個人的に大好きなバンド、名前が一週回って逆にカッコいい
Somebody Told Meはノリノリのいい曲です、是非聞くべし


Danger Zone

――――Kenny LogginsのDanger Zoneから
ご存知TOP GUNのテーマソング
はーぃうぇーとぅーざーでんじゃーぞーん



Out Of Control

――――Hoobastankのアルバム"The Reason"のOut Of Controlから
カッコいい曲です、戦闘中はコレとSomebody Told MeとDanger Zoneのローテーション


"君が、何者にも――怒りを転嫁せず"進化"ではなく"進歩"していく事
――……それだけが、今の私の……望みだ"

――――OasisのシングルDon't Look Back In Angerの一節
Don't Look Back In Anger(怒りを転嫁しないでおくれ)から
Oasis大好きです、ベストは三枚買う予定だったり。
この曲が一番大好きなわっちです