『Blue Night Poetry』:シュレナフィア・ライトブラーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


蒼き夜の詩(Blue Night Poetry)



使用者




概要


幻覚の能力。
使用者の行った合図を対象が「完全に見ていた」時のみ発動する。
頭上に「蒼い三日月」の幻覚が現れ、半径5m程を淡い光で照らす。
その照らされた範囲で使用者は「視覚的な幻覚」を操ることが出来る。

幻覚は1レスに1個生成出来る。
また「視覚的な幻覚」であるため、触れることは出来ずダメージもない。
使用目的は大抵「相手に対する牽制」なため、この能力自体での戦闘は対して強いわけではない。
リヴォルバーという攻撃手段を加えることにより、始めてこの能力は本当の意味を成す。


弱点


この能力は、制限時間が存在し、それが過ぎると「三日月」が消えて幻覚も操れなくなる。
制限時間は7レス。また、幻覚と見破られれば能力は自動的に消える。

だがしかし、真の弱点は「能力を知っている者」との戦闘だ。
幻覚が効かなくなっているわけではないが、大体の幻覚を見切られてしまうため能力をほぼ封じられた状態になるのだ。