存在理由


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――私と繋がっていたのは、コードとケーブルだった。

ここが何処かは私は分からない。何をされているのかも分からない。
分かるのは、大きなビーカーに閉じ込められて、大量のコードに繋がれていること。
その中から見えるのは、白衣の怪しげな人たち。こっちを見て何かを話している。
でも、何て話しているかは分からない。ビーカー越しには、聞こえてこない。
一瞬後に、電流が走った。何度目の気絶だろうか。
――しばらくすると目は覚める。白衣の人たちは今はいない。
いないからといって、どうすることも出来ない。出来ることといえば、思うこと、考えること。
(……何で)
とは言っても、思うことなんて、いつも決まってるのだけど。
(何で売ったんだよ。お父さん、お母さん……)
ここに来るまでのことなんて、殆ど覚えていない。残っている記憶といえば、
両親が人買いに私を売った記憶、くらいか。
確かに、裕福ではなかった。そもそも裕福だったら売る必要も無いのだけど。
ただ、食べるものに困ってたんじゃない。厄介払いしたんだと、今でも思う。
つ、と涙が出てくる。ビーカーの隅に開けられた穴に、それは流れ込む。
そんなこんなしているうちに、また戻ってくる白衣の人たち。
もっとも、戻ってきたからといって出してくれるわけが無いのだけど。

苦痛と悲しみが交互に来るだけの生活が、どれだけ過ぎたかなんて分からない。
一日中日の差さない部屋に、ビーカーは置いてあるから。
不意に、電流が走る。いつもよりも、強い。これで何度気絶したのだろう。
――起きた時には、なにやら手術室のような場所。
麻酔でも効いているのか、それとも四肢を拘束されているからか、まったく動けない。
「――一年、体力の方は上々」
「ようやっと埋め込める日が来たわけですな」
……何を喋っているのだろうか。聞こうにも声は出せない。
「能力発現チップ……これを埋め込んでからが本当の実験だがな」
「せいぜいモルモットには良い成果を出してもらいましょうか」
……モルモット? 何のことだろうか?
そう思ったときには、再び、電流が私の意識を落とし込んだ。

更にどれくらいかが過ぎた。お腹の辺りが変な感じがする。
何かが埋め込まれたみたいな、そんな奇妙な感じが。
埋め込む、モルモット、そこまで考えて、やっと飲み込んだ。
同時に、絶望みたいなものを感じた。
――そうか、私はただの、モルモットなんだ……
不思議と、涙は出なかった。代わりに、表情が殆ど出せなくなった。
研究に使われるだけのモルモット。私は、それだけの存在でしかない。
その事実が、重くのしかかった。
―――
――

「……っぷは!」
息を荒げて起き上がる。カノッサ機関、夜の国支部のとある一室。
べっとりと、寝ている間にかいた汗が、皮膚と服をくっつける。
「……昔の、夢か……」
そうは分かっていても、つい周囲を見回してしまう。
ベッドは四つ。いや、自分が寝ていたのも含めて五つか。
「……なんで今になって見るんだか」
ふう、と息を吐いて呼吸を落ち着ける。近場にあったタオルで寝汗をふき取る。
あれから、夢に出たその研究施設は消えたと聞く。その時、自分が存在する理由も、どこかに消えたと思った。
「馬鹿か、私は。必要としてくれる人が、いたじゃないか……」
誰に言うでもなく、呟いた。もっとも、誰かに聞かれていたら恥ずかしいのだけれど。

――私は今、人と繋がっている。