情報統合ネットワーク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

六王教団・Justiceが合同で立ち上げたシステム・ネットワーク。
ウェインの発案により動き出した――かに見えたが、その実以前からジンジャーの手によって作成されていた。
刹那の考案した情報共有システムに似ている。
教団の電子設備と、ジンジャーのテクノロジー、そして加入各員の情報収集能力に依って情報面での優位を得るためのシステムである。


概要は以下の通り。

  • テロ行為が行われた際、『オートで』近くにいる加入者に警報を発する。

これは何かが書き込まれる、ということではない。
テロに分類される投下があったとき、絡む理由にでも使ってくださいな、という中の人向けのシステムである。

  • 所属する各個人が、敵対組織に関する情報を提供し合い、それを『そのまま』集積する。

正確さ、信憑性などを加味せず、生の情報をそのまま記載するシステム。
各加入者が得た情報を組み合わせることを目的としている。


現在の加入組織







加入者(個人)