床ノ葉 赤月:『Heaven And Hell』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


天国と地獄(Heaven And Hell)


使用者




概要


体内の静電気を操る力。
静電気を増幅して体内から放出したり、金属やらに静電気を帯電させたりなど応用性に優れる。
閃光を使って牽制することも出来、かなり強力である。


長所


その攻撃の火力と速度、加えて力の応用性が主な長所。

空から降る「雷」も、言ってしまえば要は雲の「静電気」。
つまり、理論上は「雷程の高火力な攻撃を放つことも可能」なのである。


短所


長所だけ見ればかなり強い力なのだが、かなりの欠点が一つある。
「静電気を放出する際に、ある程度ダメージが自分にフィードバックする」のだ。
攻撃が当たった場合はともかく、外れた場合は自分だけダメージを受けるためかなり厄介である。

つまり、この力は「かなり凶悪な火力と速度、応用性を持っているが、攻撃するたびに自身が傷つく」という、速攻型の力である。


併用


彼の持つ(神耶から貰った)赤い刀は、どうやら血で出来ているらしい。
なので、帯電などの点では彼の力とかなり相性がいい。(彼はこのことを知らないが)

性質と言い、色と言い、彼にピッタリである。