名称不明≪No.42≫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

……私の半身、私の半心。誰にも渡さない、誰にも殺させない。

殺すのは、私。そう、私だけ…………


簡略紹介
名前 神渡 鏡花(機関内部ですら非公開)
種族 不明
所属 カノッサ機関
身長 157cm
体重 44kg
誕生日 不明(第三世界の2009年の時点で十七歳)
好きな食べ物 菓子パン
嫌いな食べ物 苦い物
料理の腕前 多分しない
地味な特技 ポッピングダンス
趣味 食べ歩き
職歴 不明
収入源 カノッサ機関からの給与

ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV 備考
17 36 15 5 28 30 5 10 8 6 剣S 本来の数値
17 36 10 22 7 12 0 20 20 6 - 現在
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
5 90% 0% 1 5 - - 斬撃
特殊技能
-


  • 人物

  黒地に桜の花を散らした小袖、その上に銀糸の鶴が舞う色打掛を羽織った少女。
  小袖の帯には刀が一振り。藍色がかった黒髪は、眉の上と肩でそれぞれ切りそろえられている。

  その正体は、カリナトゥスの技術の粋を持ってして作られた、死者を完全再現した生物兵器。
  以下、製作者本人の言葉を引用すれば、

墓を探すのも苦労しましたが、其処からもかなーりねえ
何せ時間が時間、死体なんざ残ってる筈が無い
ネクロマンシーだの時間逆行の術式の超多重発動だの、一流術者数百人規模潰す作業ですよ
そーやって、一欠片ずつ………〝痕跡〟を、手に入れました

過去の成功例は、死後一時間のものを使ってすらゼロ
後に成功した一件は、肉体の特性の再現は出来ず、貴重な宝玉を一つ消滅させてしまった
私がこの実験に『正しく』成功したのは、この二件だけです

邪法外法の限りを尽くして欠片だけ手に入れた『魂』を〝常夜の宝玉〟で
そして『死体の一部』を私のクローン技術と……そう、〝哲学者の卵〟を用いて初めて完成させた
世界でおそらくは二例のみ。完全に生前を再現した、自我を持つ知的生物兵器です

  資料が少ない訳でも無く、本名さえ知る事が出来れば、過去の文献より詳細を探る事は可能かも知れない。
  享年十七歳、作り出された瞬間の精神および肉体の年齢も、おそらくその数値になる。

  夜の国支部に所属するナンバーズの一人であり、過去ブレイザーシティを占拠、統治していた。
  然し、対機関連合を中心とするレジスタンスの手により、それを奪い返される。
  それを引き金としてか、それとも体内の哲学者の卵の為か、性格にも戦闘スタイルにも大きな変化が見られた。


  • 変化の現れる前

  外見の年齢にそぐわず沈着冷静、不要な事に対しては口数が少ない。
  だが寡黙という訳では無く、寧ろ饒舌な部類に入るだろう。
  性格は相当に非情であり、口にするも躊躇われるような策を平然と実行する。
  非情さと冷徹さを持ち合わせた、指揮官として活躍するタイプの人材だ。
  部下としてNo.72を引き連れている事が有る。

  ……と此処まで書けばクールな人間に聞こえるかも知れないが、任務以外の部分では色々とずれている。
  衣服を自分であまり選ばない為、纏めて購入して他人に選ばせる。祭りの期日を一週間程間違える、等々。
  感情は分かりやすく表情に出てくる辺り、クールなのは外側だけなのかも知れない。

  何故か菓子パン類の熱烈な愛好家。菓子パンの為なら職権乱用も平然と行う。


  • 変化の現れた後

  年齢よりも明らかに幼い行動、成り立たない会話、知的レベルの高さは微塵も窺えない。
  腰に備えた刀を振るう事も無く、戦闘に於いてその技術が疲労される事も無い。
  自分から何かに害を与える事は無いが、自分や自分の好きなものに害が及んだ時は、酷く憎悪の感情を見せる。
  瞳には光と力が無く、焦点も何処にあるのか分かりにくい。

  魔斬 香月≪No.41≫の命に強い執着を見せ、このページの冒頭の様な言葉を残している。
  この時だけはかつての様に、言葉をまともに扱えていた。
  彼女の命が危険に曝された時などは、赤ん坊の様に唸りながら、素手で暴れようとした程。

  尚、甘いものに対する嗜好だけは、変わっていない様子。


  • 本来の戦闘

  身体の動きを完全に静止させる技術と、一歩で最高速まで運ぶ超加速。
  これらを用いて、一所に留まらない剣術で戦闘を行う。

  極限までの鍛錬を積み、速度を生む一点に鍛え上げている。
  軽量故の非力を武器で補う為、刃が通らない相手に対しては打つ手が極端に少なくなる。
  本人の耐久力も低いが、居合い重視の戦法なので、左腕くらいなら負傷しても戦える。

  • 居合い術

技名 解説
速度重視、基本的な居合い
破壊力重視の居合い。大きく体を捻り込むのが特徴
擦れ違いつつの居合い。攻撃後直ぐに距離を取る事を狙いとする
居合いを放ち、すぐさまもう一太刀の追撃を加える
居合いを放ちながら後方へと引きさがる

  • 通常剣術
技名 解説
『奔』 相手の横を駆け抜けながらの一閃。「疾」の抜刀版
『零』 刀を逆手に持って、密着状態から刃を相手の体に滑らせる


  • 現在の能力

≪禍津黒神≫マガツクロノカミ

  体液が、黒く粘性の高いコールタール状に変化し、自在に操る事が可能となる。
  自分自身の体積より大量に作り出す事も可能。
  また、その中に自分の体を溶かし、移動する事も出来る。

『根堅州國』ネノカタスクニ

  上記能力により発動する移動技の総称。
  自分自身を黒い液体へと溶解させ、その状態で移動する。
  的が地面に近づいて狙われにくくなる事と、相手の意識を逸らせる事が利点か。
  尚、変化と移動のタイミングによって、攻撃が命中するしないが変わる。



  • 所持品

『刀』

  何の変哲もない、おそらくは普通に売られている刀。
  きっと、或る程度使うと刃が欠けて買いかえる事になる筈。
  その為、愛着などは持っていないだろう。

『水着』

  赤いビキニに白いパレオのセット。蛍川 翠に選ばせた。
  尚、この時に残ったその他大量の水着は、全て翠に押しつけられた。
  これもまた、職権乱用の一つである。

『浴衣』

  藍色の地に水墨画風の白兎数匹、その上に小さな満月の柄。袖丈などは良いが、裾は大腿までを覆う程度。
  夢幻檸檬≪No.700≫に選ばせたが、今回は余り物を押し付けたりはしなかった。
  尚、檸檬は彼女の名前を唯一知らされた人物である。一年後に祭りに行こうという約束は叶うのだろうか。


  • 悪癖

  普段から冷静を装う彼女だが、時折奇妙な行動に出る。
  己の皮膚に爪を突き立て、血が出るほど強く引っ掻くのだ。
  背と言わず胸と言わず腕と言わず、手の届く範囲を只管掻き毟る。
  「汚い」、とだけ言葉を発していたが、果たしてその意味は?



  • 容姿

No42-2カード用.jpg