火之海兎 翠水


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

火之海兎 翠水(ひのみうさぎ すいすい)

【容姿】
赤髪ロングヘアーで、瞳は翠色、白いストライプが入った赤いジャージの上下を着た小柄な少女。

【設定】
身長:未定だが低い
体重:未定だが軽い
胸:無いに等しい
年齢:体型は十代前半

【性格】
非常に活発で熱血、単純明快なタイプ。異世界人であり、理由も無く走っていたら「謎の穴」に落っこちて、気付いたら新世界に居たうっかりや。

実は寂しがりでホームシック持ち。おぼろげに覚えている元の世界を思い出しては、こっそりと泣いたりしている。

意味も無く「うおーーー!!!」っと叫んだり、走り回ったりする癖がある。

天性の物らしく、どんな場面でも常に、声が目茶苦茶に大きい。その音量は、言うならば「騒音兵器」である。

「熱血」という言葉を多用し、翠水自身も中々の熱血。
ちなみに翠水が言う「熱血」とは、単に「熱血」という言葉の意味だけでは無く、オールマイティな意味を持つ褒め言葉でもある。
また、逆に罵倒の言葉として「熱血じゃない」という言葉も存在する。

好奇心は強いが、難しい事を考えるのは、見た目通り苦手である。

料理の腕は壊滅的。
『包丁を何故か「逆手持ち」する』『水炊きの野菜を「メッタ斬り」、肉を「めった刺し」にしてしまう』

更にはシエルに正しい包丁の使い方を教えて貰った直後に
『自分の手を包丁で傷付ける、ここまでは良いが、出血したまま料理を続けて料理を「血の池地獄」にする』
など、最早常軌を逸しているレベル。

カーネルの外道な行為に対して、新世界に来て始めての「どす黒い感情」を見せる。
その際は周りが見えなくなり、精神力の暴走により強化されたペルソナにより乱暴な攻撃を仕掛けた。

一人称:「スイ」
二人称:「おまえ」
口癖:「ーーー!!!」「熱血」

【能力】
<ペルソナ能力>
【太陽「カマエル」】
<詳細>
翠水の初期ペルソナ
属性は「太陽」。
赤い鎧を着て、赤い剣を持ち、満面の笑顔の赤い仮面を被った真っ赤な騎士。その姿は、翠水の暑苦しさを表しているかのようである。
炎の魔法と剣技を扱う。
また、時折翠水の頭に響くカマエルの声は、「女口調の男」………つまり、オカマの物である。

【星「インティ」】
<詳細>
羽民蟲舶とのコミュで生まれたペルソナ。
星が描かれた黒い仮面を被り、燃え盛る青い炎が描かれた黒いマントに身を包んだ男の姿。
星型の「光の手裏剣」を使って攻撃・防御を幅広く行う。

【月「トラロック」】
サバトとのコミュから生まれたペルソナ。
雫型の青い仮面を被った、全身が雲で出来た人間のような姿。
身体から高圧水流や雷の槍を出して攻撃する。

【悪魔「アモン」】
カーネルに対する怒り、そして感情の爆発から生まれたペルソナ。
怒りの形相の仮面と蛇のような尾、灼熱に包まれた黒いスーツの男性。
「怒りのままに全てを焼き尽くす力」であり、翠水がマジギレした時しか具現化出来ない。
カマエルと同じく、炎を扱う。しかし、カマエルが「火炎剣技」を主とするのに対し、アモンは「地獄の炎」で乱暴に全てを焼き尽くす。
また、知能はかなり高いようだ。

【所持品】
「空白のカード」
予め〝技〟と〝技に必要なもの〟をカードに込める事で、
後にカードを介して、ほぼ無条件でその技を使うことが出来る。
また、一度技を使った時点でカードは消失してしまう。

【武器】
「夢幻たゆたう水の剣」
刀身が水のように透き通る青水晶で出来た曲剣。
翠水が本当に危険になった時にのみ真の力を発揮する