日永田 葵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】日永田 葵 ( ひながた あおい)
【年齢】 18
【性別】 男
【身長/体重】 160cm/50kg
【容姿】
身長の低い見た目に童顔で子供に間違われる。
髪の色は黒で少し長めで黒ぶちメガネをかけている。
眼の色は右目は黒で左目は炎のような真紅に染まっている。
服装は赤系統と黒色を好む。

【性格】
厄介事に首を突っ込みつつも、一歩離れたところから傍観するような性格。
酷薄な性格に間違われることが多いが意外と情に厚い。

【能力】
旧支配者『クトゥグア』と契約しており、炎を操る力で戦う、能力名は【フォーマルハウト】。

『生ける炎』
燃えないもの(岩など)を燃やす事ができる炎。
炎の形状は自在に操ることができる。
長時間又は大きな力を使用するとクトゥグアの侵食により正気を失う。

『フォーマルハウト』
大規模な炎を使用できる場を創りだす技。
この場でのみクトゥグアの侵食を受ける事無く全力で能力を使用することが出来る。

『クトゥグアの降臨』
自らの寿命(大体数年分)と引換に自分にクトゥグアを降霊させる。
人の器に降臨しているため本来の力の10%程度しか使用できないがそれでも圧倒的な力を持つ。

【呪文】
クトゥグアの召喚
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅぐあ ふぉまるはうと んがあ・ぐあ なふるたぐん いあ! くとぅぐあ!

クトゥルフの帰還を意味する聯句
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅぐあ ふぉまるはうと うが=なぐる ふたぐん

【武器】
『名状しがたき真紅の短剣』
説明することの出来ない謎の模様がびっしりと刻み込まれた真紅の短剣。
炎を操る力を制御する助けとなる。

【戦闘法】
短剣による近接攻撃と炎による攻撃を使い分ける。
炎の燃え移る方向は自在に操ることができるため相手を炎で包囲することも可能。

【備考】
両親はクトゥグアとの契約時に死別した。
契約時にこの世の者ではないナニカを見てしまった為、恐怖心など一分の心が壊れている。

【クトゥグアに付いて】
Cthugha
クトゥグァ、フサッグァ
生ける炎
クトゥグアは旧神によって魚座のフォーマルハウトに幽閉された火の精であり、
人間の目には「炎の生ける火花、光の小球のむらがるもの」としてうつる。

形状と色彩を変転する巨大な火の玉、超高熱のプラズマ塊、或いは、小さな光の球の集合体。
顕現する時には炎の精と呼ばれる眷族を無数に付き従える。

強いテレパシー能力を備えているが、人間や俗事に関心はなく自ら関わる事はしない。

ナイアルラトホテップの住処であるンガイの森を焼き尽くした。

オーガスト・ダーレスによれば旧支配者の一柱とされ、「火」を象徴し、「地」の属性を持つ旧支配者、特にナイアルラトホテップと対立する。