≪R.I.P.≫【組織】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪黒の暴帝≫と呼ばれる男、グレミュール・ポポルをリーダーに据えた戦闘組織。
世の中の大きな視線から見れば所謂『悪』に分類される組織である。

傘下突撃隊である≪四刃(フィーア・シュヴェアート)≫をはじめとして、
≪四刃≫隊長であるカーネル・フェンダンスの私兵部隊「ヘルクロイツ」、
更には海洋潜水戦艦リヒトギルティなどを有し、戦力は非常に充実している。
加えてヘルクロイツはその過半数が元軍隊出身者で構成されており、
その大半が無能力者でありながら統率力に優れ、兵力も優秀。

その目的はただひとつ、ノクト・アルカディアの創造に集束されている。
曰く、「夜の者たちの理想郷」を意味するらしいが、詳しくは一切が不明。
日陰者たちにとっての理想の世界を創造するというが、果たしてそれは何を意味するのか?

しかし、彼らは主にそのために無差別にテロ行為を仕掛けることが多く、
少なくとも一般論からして「ノクト・アルカディア」というものが必ずしも理想郷であるとは限らない。
寧ろ平穏に暮らす人々にとっての脅威であり、根絶すべき悪の奔流であると言える。






……思想のところどころに、かつて世界を揺るがした組織≪ネル・ナハト≫との共通点が見られる。
だが、これも偶然なのか、それとも何かつながりがあるのかは、不明である。


Rest.In.Peace...