ヴァーデッド・劫火・ニコラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Q,あなたにとってヴァーデッドとは?




外道で姑息な楽天家だけど、僕の一番の友達さ。

1995年―― 濃灰髪の幼い少年(黒瀬) にとって。

昔は、さらさら髪の可愛い猫かな、今は見栄っ張りのドラ猫ってところかな。

2009年―― 鍋屋のバイト少女(蛍火) にとって。

かっこいい…。/信用はしてるけど信頼はしてないよ。

2010年―― 半人半孤の少年/少女(リュート=エイン) にとって。

はぁ…好きでしたが、切り刻んだ私を恐らく怨んでいるでしょうね。

2010年―― 薄藍ロングの女性(黒瀬) にとって。


【彼はゆっくりと懐に手を入れ】                             
【右手に持ったファイルを差し出す】
【中には古い紙が挟まれていた】              


Un nome  名前だ


ヴァーデッド・劫火・ニコラス
【二つ名】:業火を負う逆鱗の覇者


Aspetto  似顔絵だ、こんなに丸目じゃねェ……よな?

+ ...

AspettoⅡ  似顔絵その2だ、こんなに格好良くはねェがな…

+ ...



L'immagine di un'altra persona  他人から見た俺らしい。そんな風に見られてたのかァ!?


【周囲を焼き焦がすかのような真っ赤な短髪】
【それに相応するかのような深い漆黒の双眸】

【未熟といえるであろうか、幼さが顔にまだ残る少年】
【大人になれば恐らく精悍な青年に成りそうな、整った顔をしている】

【肩の上のほうに、淡い蒼色に輝く小さな光球が浮かんでおり】
【それは時折、ふよふよと浮かびながら動き回っている】

【赤い、いや真紅に近いほど鮮やかな羽織を着ており、見る者を安心させる。が】
【反発するかのように右手には付けられた無骨な手甲があり】

【その拳部分には決して拭えない黒ずんだ血痕がこびり付いていた】

【また、左脚に傷口など一切見当たらず、少年自身も何の不自由もしていないように見えるのだが】
【何故か、一本の杖で身体を支え続けている】


Carattere  性格って奴だな


見た目通り、好戦的で頭を使うことが嫌いなタイプである

自分が強くなることに精を尽くす────というわけではなく

ただ、戦闘が好きなだけのようだ、

また、好奇心に対して素直で、楽しそうなものは冷やかしであろうと気になってしまう

其れが人との関わりの繋がりではあるのだが


+ 能力の説明だな
+ 技、だな
+ ステータス…かなァ?
+ 持ち物だ


Commenti  まぁ・・・自分についてかな・・・


彼の能力は発動中の痛みが激しく、一種の病気の様でもある

特に4は発動後長時間経過で自分が耐え切れなくなったとき、絶命してしまう

それ以下の能力もここまでではないものの、長時間の発動は危険である

そのため、連戦が非常に苦手である(しかし好きではある)

逆に、好きではないが4も自分の力の一つであるため

いつか4でも倒せない敵と戦ってみたい、4の持続性を上げたいと願っている

追加された項目


  • カノッサへの憎悪が酷い勘違いだと悟る

また、黒瀬に対する感情も、怒りに変化した


  • 少年のもつ宝玉の効果(正確には能力の副作用)により

少年の体重が著しく軽くなっている(15キロ程度)

+ 日記だ、女々しいってか?


+ ...

じゃあな、また会えるといいなァ…