コルネリア・ブロンクホルスト≪No.28≫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「―――惚れた相手には、尽くすタイプだからね…。」


【名前】

コルネリア・ブロンクホルスト(機関員の名前、産まれたときの本名)⇔チャルダッシュ・バニングス(戸籍上の名前、偽名)

エクレール・C.B.(≪R.I.P.≫としてのコードネーム)

【容姿】

 【見た感じでは丁度、17歳ぐらいで、身長約165cmの細身で胸は小さめの少女】
 【緑色のリボンが付いた女物の黒い中折れ帽を被り、髪は肩を少し超えるぐらいのサラリとした金髪で、瞳の色は冷たい灰色】
 【長袖ワイシャツに、膝まであるピンク色のスカートを着用していて、胸元には赤に白ボーダーのネクタイ、足は白いソックスと黒いローファー】
 【そして―――気づく事は難しいが、ネクタイの裏地には「No.28」の刺繍が、ひそやかに確かに存在している】 (コルネリア時)
           ↕
 【金色の逆三角形型を持つ、顔よりも大きく横に張り出した“ゴーグル”が貼り付いた、墨色のフルフェイス・ヘルメットで頭を完全に覆い隠した、身長は170cmぐらいの人物】
 【全身を真っ赤な戦闘用ボディスーツで覆い、其の上から胸部と腰と脛に、あまり厚く無い、灰色の機械的なプレートを着こんで最低限の防御をしている】
 【その体形は敢えて決めてしまうなら女性のモノのように見えるが、絶対的な判断材料に成る訳では無く、素性を確める事は難しい】 (エクレール時)

【人物】

かつて大きく、かつ 理不尽な挫折を味わった (内容は不明)人間。少女に見えるが能力に目覚めたのは“30年前”らしく、最低でも其れ以上の年齢だと思われる。
自らを「永遠の17歳」であると主張し、また同時に「永遠の苦しみ」に苛まれながらも、「自分を終わらせられない」人間だともしている。
“温かい”誰かとの接触を強く望みながら、自分以外の“幸せな”誰かに自分と同じ“苦しみ”を分配することを願う、理解しがたい女。
その板挟みのどちらかが重視されるかはかなりその場の状況に流され、存在意義と趣味がジレンマを起こした不安定な人物だと言える。

性格は 平常時は暗めながら常識的 で、普通はあまり他者に期待しない性格だが、裏を返せば、気が合うのなら 友達にもなれる 。ただし 気の合う奴が中々いない。
どちらかと言うと突っ込み役の気質で、冗談は意図して言えないタイプ。そして自らの思想について語るときや、相手を揺さぶるときは、怒涛の饒舌さも見せる。
ただし、「仕事人」としてのスイッチが入ると、 冷酷で頭の切れる一面 を発揮し、躊躇無しに非道な行動や背徳的な行いをとっているようだ。
何が彼女の本当の姿なのか、或いは全てが真実なのか、それとも……分かっているのは、彼女が常に、世界や安寧を享受する一般人への 「煮え切らぬ思い」 を抱いている、と言う事だけ。
また、「なんだかんだで与えられた状況で悦べる」タイプの人間(ただし主観)と戦闘していると、怒りや羨望が入り混じった感情が表に出てしまうようだ。
同時に、嬉しく思ったり面白がったりする事は在るが、“楽しい”と思う事が極端に少なく、好意を持った相手や宿敵との関係に置いても、テンションが一定以上に振り切らない。

感情の制御や高速思考に長け、人を試したり、騙したりするような場面でも其れなりの力を発揮するが、記憶を確認せずにつらつら喋るせいで、 思わぬボロを出す事も稀にある。
そのような弱点は、“部下”であり“弟子”となったマルタサの前ではほぼ確実に出ないのが不思議だが。

ボク少女で、声は中性より些か柔らかい 。そして口調はほぼ完全に男。そのせいか、似たような傾向のワーズの性別を見抜いたりしている。
とはいえ、其れは自分自身の人生という巨大な経験則を利用した類推であり、彼女が仮面をかぶって隠している事実が、“人間では無い”ことだとまでは判らなかった。
また、エクレール時にはアートマンを呼ぶ際のコールが変わり、一人称が「俺」になり、仮面のボイスチェンジャー機能で、全ての声が機械音声に変換される。
好物、若しくは依存物はハーブティーとチーズケーキで、本人いわく「32時間以上抜くと頭がおかしくなるんだ」とのこと。

【能力】
≪Never Ending Dystopia≫
パワー5、スピード4、精密性3。ダメージフィードバック有でリンク無しのアートマン。読みは普通に「ネバーエンディングディストピア」。
強い電磁力とその付随効果を操る能力を持っており、自らの爪を金属化・最大1メートルほどにまで延長する技も使用している。
アートマン体のどこかで触れた物体および空間を帯電させたり、その周囲に長時間のコントロール可能な磁場を発生させる(これを磁力を帯びさせるのとは違う)事が可能。

能力の代償は基本的に魔力だが、コルネリアいわく「勝手に死ぬ権利」と、「忘れる権利」も犠牲になっているらしい。詳細は不明。
また、「コルネリアと同じデザインの帽子を被ったマルタサの記憶を破壊」したり、「姿を微妙に変える」など、戦闘と現状関わりの薄いところで、能力にまだナゾが眠っている様だ…

尚、外観描写は以下の通り。ただし、浮いている都合上実際の頭頂部の位置は地上2メートルぐらい。

 【地上に嫌われているかのように、数cm浮き上がって立つそれは、少女の瞳に似た灰色に全身が支配されていて、僅かな磁気を常に帯びる】
 【身長は約1m93cm、人型ではあるものの、頭が長い一本角の生えた馬を模した兜になった、聖騎士の如き≪アートマン≫】
 【顔を覆うスリットの向こうから除く眼は、異様に巨大で、カラーは蒼、白、そして砂の色―――閉じ込められた地球の様な、単眼】

【現在】

カノッサ機関のナンバーズとして長らく生活していた彼女は、或る日≪R.I.P.≫がメンバーを募集している、という裏の情報を掴んだ。
その思想に共鳴していた彼女は、何らかの手段で構成員を利用し、連絡。ワーズを面接官として、カノッサ機関の情報提供を条件に、加入を許された。
ノクト・アルカディアに彼女は心酔しているようだが、一方で組織体そのものへの拘りは薄く、若しその“本気”が喪われれば、平気で裏切りやクーデターに挑み得る危険性も持っている。
闇の世界と闇の世界を繋ぐ密偵となった、彼女の明日は………?

また、この男と関係があるらしく、彼の改造実験体の一人、マルタサを預けられている。
ビフロンの目的は不明、現状ではコルネリアが一方的にマルタサを支配していて、情報の漏れも無い、と、ただビフロンが馬鹿を見ているだけに見えるが……?

+ 【どうでもいいこと/メタな裏話】