オーベール・ブノア・リシュタンベルジェル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――隻腕の 愛を騙る 死神



オーベール・ブノア・リシュタンベルジェル(Aubert・Benoit・Lichtenberger)



常に高圧的な態度の、金髪赤目の少年。
己を貴族階級の人間であると自称し、どんな者に対しても見下した態度を取る。

性格は非常に悪く、自分以外のものに関しては殆どおもちゃのような扱いをする。
良い面としては無邪気で素直、悪い面としては頑固でプライドが高く、傲岸不遜。ジャイアン。
基本的に自分さえよければなんでも良いので、他人に対しては平気で罵詈雑言を吐くことも。

黒紫の繿褸外套を羽織り、その下に長袖のシャツにショートパンツと赤のチェックのニーソックスを着用。
帽子とマフラー、ブーツなども黒。時折やたらパンクな格好をしている。
なお、右腕を失くしている。利き手は左手。


《薔薇の名前》(エーコ)
自身の体ないし自身が触れているものに変化を及ぼす能力。
本人は「念じればなんでも出来る能力」だと思っているが、実際は自身と絶えず接触していないと効果を発揮出来ない。
武器の具現化もこれによって行われるが、一度に二つのものしか変化させることは不可。


《薔薇の名前・un serment》(エーコ・マレッシャル・ニエル)
≪R.I.P.≫との交戦時に発動した能力。
詳しい事は本人も理解していないが、どうやらアートマンである可能性が高い。
発動時には背後に黒い異形が生じるが、僅かながらその異形には女性的なフォルムが見られる。
なお、『un serment』とは『恋の誓い』を意味するフランス語、
『マレッシャル・ニエル』は薔薇の品種の一つであり、花言葉は『心臓も魂もあなたのものです』。












































『アムール/愛情/憎愛/盲執/妄念/執着』

強い憎悪は、それはそれは愛と非常に似ているもの
相手の脳裏に己への焦がれるような 愛/憎しみ を植え付け
相手の全てを 欲し/喰らい 想い/恨み 焦がれる/憤怒する

――ああ、これこそが  愛/憎悪  という感情に違いない!