ステップ12 乱入について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処ではタイトルの通り、〝乱入〟について解説するよ。
乱入って言うのは、 既に成立しているロールに割り込む 事。
割り込むって言うと悪い事に聞こえるかも知れないけど、そうじゃない。

魅力的なロールが展開されてる場合、「自分も参加したい」って思う事が有ると思う。
そんな場合、 ロールしてる人たちの許可を取って 割り込む事なんだ。

乱入によって新しい展開が生まれる、って事も有り得るんだ。
このスレでは余り見掛けないけど、禁止されてるわけじゃないんだよ。

でも、乱入には幾つかの注意点が有る。
以下に挙げる事は、君達が読んで来たガイダンスの他のページと被る点も有るかも知れない。
其処は再確認の意味も込めて、確りと読んでくれると嬉しい。


※ 乱入をする上での注意点


   ・必ず、ロールをしている人達に確認を取る。
   ・自分のキャラが現れても可笑しくない状況か、確認する。
   ・乱入が迷惑な状況じゃないか、考える。


じゃあ、以下の状況を例に取って順に説明しようか。
最後の女の人のレスは、745という事にするよ。



例:
 【路地裏】
 
 今日の獲物はお前か…悪いが、死んで貰うぞ。
 
 【黒いロングコートを身に着けた男が、初老の男性に銃を向けている】

 >>452
 
 そこのお前!何をしているんだ!
 
 【腰に刀を提げた和装の女性が、路地の入り口から歩いて来る】


             (~中略~)


 >>735
 
 中々の戦闘技術だったが…お前もこれで終わりだな……!
 
 【男は銃口を彼女の頭に向けると、勝ち誇った笑みを浮かべた】


 >>740
 
 (クソっ……、…体が……動かない………っ)
 
 【戦闘の影響により、女性の体は全く動かなかった】
 【まさに、「万策尽きた」状態だ―――】




必ず、ロールをしている人達に確認を取る。


上の例に示されているタイミングで、乱入したくなったとしよう。
その場合はまず、「/乱入してもいいですか?」と確認を取らなければいけない。
いきなり絡みに行ってしまうと レスする順番がバラバラ になったり、 中の人が混乱 したりしてしまう。
尋ね方を具体的に示すと、以下の通りだ。

 >>740>>745
 /乱入したいんですが、宜しいでしょうか?

簡単な事だけど、これだけで大分違うんだ。
レスする順番を決めたり、状況によっては断りたい場合も有るからね。
ロールしている人達から許可が出れば、こんな感じで絡みに行こう。

 >>740>>745
 
 ―――――――その人から離れろッ!!
 
 【青年の声が路地裏に響く…どうやら、女性の味方をするようだ】
 
 /ありがとうございます

勿論、雑談で乱入したい旨を伝えてもOK。どちらにせよ、伝える事が大事って事だね。




自分のキャラが現れても可笑しくない状況か、確認する。


上の例に示されている状況は、投下が路地裏だね。
だから大抵の場合は、どんなキャラが現れても可笑しくないんだ。

でも、例えば戦闘が『秘密基地』で行われていたとしよう。
その場合は基地の場所を知ってなきゃ、そこに行く事が出来ないよね。
何も知らないキャラじゃ乱入出来ない 状況になっちゃうんだ。

乱入する時は投下文を見て、 自分のキャラが其処に行ける状態か 確認してからにしよう。


少し話が逸れるけど・・・ 特定のキャラしか絡みに行けない 状況での投下は、余り好まれない。
「其の場所でどうしても絡みたい!」って思った場合は仕方が無いけど、頻繁にならないように注意しよう。




乱入が迷惑な状況じゃないか、考える。


上のロールを例に取ってみよう。
現在では最後のレスが「絶体絶命!」って感じに見えるね。
でも、最後のレスがこんな感じだったとしたらどうだろう。


 >>740
 
 (体は……動かない………けどっ!)
 
 【このような状況下でも、彼女は希望を失っては居なかった】
 【おそらくは「何か手が有る」のだろう――男はそれに気付くだろうか】


何となく、「起死回生の策が有る」って感じだよね。
この状況で乱入すると、 見せ場を潰してしまう 事になるかも知れない。
特に此処の戦闘ロールでは、勝ち負けよりも「見せ場」に拘る傾向が強いんだ。
こういう場合は少し様子を見てみる事をお勧めするよ。





以上に挙げたのは戦闘ロールの場合だけど、それ以外のロールでも流れは大体同じだね。
此れを書いた人は、乱入についても 配慮や気配り が大事だと思ってる。
此処で書くよりもこの頁の最後を見て貰えば、言わんとしている事は分かってもらえると思うよ。

では此れにて終わり! 新規の人もそうでない人も、良い能力者ライフを!