ケリー・バーンズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】
ケリー・バーンズ

【容姿・プロフィール】
茶髪の青年。
七分袖の白いカットソーに黒のカーゴパンツ、背は170cm後半といったところで、
左腕、関節部に袖の上から白い布を丁寧に巻いて、腰にはホルスターに掛けた拳銃を一つ携帯している。

身長:177cm
体重:未定
年齢:19歳
血液型:A型


【備考】
医師見習いをしてるらしい。


【能力】
「輝(き)」を操る。
その名の通り微かながら明るく、また魔力とは違ったもので出来ており視認も可能。

低速+短距離限定で飛ばす事が出来るが、手を離れて一分程で消滅する。
何かに当たると形を保ったまま付着、衣服の上からでもある程度効果を発揮する。

効果の種類は2つで、血液や魔力の流れを活性化させる《輝――ナガレ――》
血液や魔力の流れを沈静化させる《輝――トマル――》がある。

トマルを負傷部位へ当てる事により止血が可能だが、当てるのを止めると流れが回復するため、その間に手当てをする必要がある。
トマル使用の際には何らかの跳ね返りがあると思われる。

ちなみに名前は「気」と「輝き」を掛けたもの。
あまりセンスは無い。


【人物】
気苦労が絶えない不幸な奴。
思いやりがあり、他人の意志を尊重するというか何というか、場に流されやすい。
わりと単純な方で、思ってることが顔に出やすい。
ちょっとでも優しくされると気を許しちゃったり懐いちゃったり。
負けると泣いたりすることもあり、総合するとヘタレの領域。


【持ち物】
  • 拳銃
…にみせかけたエアガン、つまり玩具。
本物志向らしく、見た目もさながら威力もそれなりにあるが、実弾には速度威力共に大きく見劣りする。


【出来事】
8/6
街中、ブルーシートに林檎を並べて販売していた露店商人に出会う
彼曰わく生粋の商人で、笑顔が印象的な赤井恭平にサービスとして林檎を14個、ワンコインで譲ってもらった。
大変和やかな時間を過ごす事ができ、満足だったらしい。

路地裏にて顔に包帯を巻いたローブの人と腕試し。
相手の能力を見破り、降伏させる迄に至った。
が、事実こちらが負けたようなもので、彼は納得していない。
その後リベンジの意を告げて別れた。