ソロウ・セプテンバー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




【基本情報】
名前 ソロウ=セプテンバー 一人称
性別 女性 年齢 17歳
種族 獣人/犬耳族(部族呼称:ジャースト) 境遇 奪還
能力 超能力(系統:身体強化) 肩書き 特に無し
【設定/外見】
身長およそ156cm 獣耳型の帽子と手袋と、青と白で彩られたウェイトレス風衣装を着た女性。
健康的な肌色とローズ色のショートヘアで、紺色のスパッツ、白のパニエ、青のワンピース、そして同じく白のエプロンを着用。凶器にもなる爪を隠し安全にする為の革手袋をして、獣耳を覆う獣耳型の白の帽子を被り、革製のブーツを履いている。獣尻尾はスカートの中に収納しているため、見られる事は殆ど無い
【設定/性格】
基本的に良く笑い良く無き、感情の移ろいが激しい荒くれ者。かなりの負けず嫌いであり、目標を見つけるとそれに向かって突き進む努力家だが、それにより無理をする事も暫しある。
物事の判断基準は常に自己であり、多くの良し悪しを自身の直感によって決めている。故に知識に対しての欲は無く、その為それほど賢くは無いが、不意打ちや咄嗟の悪巧み等の生存に長けた悪知恵はしっかり働く。
口が悪い事が多々あるが、義や情には流されやすく発言と行動が一致しない事も多々ある。しかし、愛されるという経験が不足している為、時折相手に対しての思いやりが根本から抜け落ちてしまう場合があり、それによる確執や自身の行動に苦悩する事も。
【設定/能力】
身体能力の強化や精神の増強においての超能力において、生まれながらの才能を持っている。
自己の精神力、自我や自己存在の強固な主張により高次元界を書き換え、それにより自身に様々な恩恵を受ける事が出来る。それらは往々にして無意識であり、彼女の例にすれば単にそれらの力が自身の身体能力強化等に限られているだけの話である。基本的には不可視の力だが、特に高い能力を発揮している場合にはそれらを鈍い白色(超能力を持つ能力者であれば稀に紫色)の光として認識する事が出来る。
【設定/その他】
犬型の獣人であるジャーストという部族の女性。
かつては遠い世界で弱肉強食の厳しくも自由な生活を謳歌していたが、自身に備わる超能力を狙った暗殺者集団に拉致される。
一転して自由の無い生活になった為、監禁や拘束等の束縛に対して非常に強い恐怖心を持つ。
暗殺者集団からは殺人のノウハウや身のこなし、そして人間社会のルールを叩き込まれ、その一環で今のウェイトレス風衣装も着せられた。
好機を狙って反逆の爪を立てるも、転移魔術を叩き込まれる。かつての自由とはまた違った自由と、暗殺者集団への恨みを残した。
【資料/技能】
クロウバトル
分類:爪 射程:― 範囲:単体 時間:―
自分の身体に生えた爪を使った戦闘技術。
元が獣相手なだけに人間の身体も大体切り裂けるが、武器や防具等といったものは爪より硬いので苦手。
テンタクルフロー
分類:爪 射程:― 範囲:単体 時間:―
爪による攻撃で、右の切落し、左の横薙ぎを左右二回、そして右の切上げとまるで水が流れるような四連撃を放つ。
牽制を多数放つ命中重視の技だが、使用後に若干隙が残る。
クレセントクロウ
分類:爪 射程:― 範囲:単体 時間:―
強烈な振りかぶりから遠心力を利用し、半月を描くように爪による強襲を放つ攻撃。
普段の狩り等では威力過多なので扱われず、対人専用。精度もまちまちなので、主にトドメの一撃に使う。
ソニックタックル
分類:格闘 射程:― 範囲:単体 時間:―
突撃に際して身体のバネをフル活用し、装甲の上からでもある程度の打撃を与える戦闘技能
かなりのレベルで習熟しているため、命中精度も高い
ハイジャンプ
分類:格闘 射程:― 範囲:5m 時間:―
人にあらざる彼女はその身体構造により、常識を逸脱した高い跳躍力を身につけている
予備動作もさほど必要とせず、身体を痛める事も無い
エアウォーク
分類:能力 射程:持続距離約20m 範囲:自己 時間:―
空中の歩行、走行をこなす。厳密には足から反発力を投射して飛ぶように動ける。
今のところ制御が難しく、酔って落っこちる事もしばしば。
アドレナリンパワー
分類:能力 射程:― 範囲:自己 時間:―
感に頼らず第六感を高める事により、幻術や誘惑を打ち消し士気を高める。
恐怖を払いたいという感情により発動されるが、興奮状態が治まると性的なものに似た脱力感に襲われる。
ヴァールナ・アドレニック
分類:能力 射程:― 範囲:自己 時間:戦闘経過5レス以上
ある程度の戦闘状態が続く事により発現する力の一つ。全身が淡く輝き、一種の能力者には紫色の光として認識する事が出来る。
無鉄砲なまでの勇敢さと痛みの抑制、運動能力の強化、止血効果を生み出す。元は自己防衛回路の一環であるため、利用には肉体への多大な負担が伴う
ヒット&アウェイ
分類:能力 射程:― 範囲:自己 時間:戦闘経過5レス以上
ある程度の戦闘状態が続く事により発現する力の一つ。戦闘中に危機に陥った際、無意識の内に空間移動が行われる事により迫撃・逃走を行う事が出来る。
使用時には一種の忘却状態に陥るため、時間の前後感覚に一瞬の混乱をもたらす。
【資料/足跡】
キャラ名 一言 日付       ログ      
キョーコ・ミハイロフ
と天蓋
「嫌な奴がいて、そいつをぶっ倒さなきゃ私は始まらない。それとまあ、あとは息抜きみたいな感じかな 四六時中あいつの事ばっか考えてたら、頭パンクしちゃうし」 10/26
白坂 カゲツ
と焼鳥
「お腹空いたままじっとしてるより、お腹いっぱいになったほうが良いもん ……そっか。そういうのって、カタチとか、そういうのに関係してるのかなーって思ってさ 気分じゃあ、全然わかんないよね。困っちゃうね」 11/03
クルス
と慨嘆
「そんなカッコじゃあんまりだよ。服くらいどっかから盗ってくれば良いのに」 11/4
赤井 恭平
と友誼
「フンッ!反撃するって言いながら、逃げてるようじゃ話にならないよ! でりゃああああ!!」 11/05
アリエル
と噴水
「ぶっはー!ちっくしょー! きもちいーぞー!あんたも来なさいよ!」 11/07
黒岩 凌子
と動機
「っ……へん、最初っからあんたが色々言ってたのが気に入らなかったの ガキだ何だって言ってるけど、幾ら繕った言葉使ったって変わんないもんね」 11/17
剛田 剛太郎
と棺桶
「じゃあ、このカンオケが変形してハイウェイをすごい爆走したりするの? 乗る人はやっぱり鋲付きのギンギラな十字架とか持って……こわっ。近づくのやめよっと」 11/18
ヴィオラ
と軽蔑
「……ふん。人間なんてバカばっか。あなたは話が分かるみたいだけどね」 11/23
????
と治験
「あ、爪折ったりとかしないでよ」 12/22


  • ログその他は隠蔽して記録 (2010-11-04 01:25:05)
  • まさかの賢者モード搭載!? (2010-11-04 23:25:36)
  • http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1288618758/470 の事か! (2010-11-05 00:27:00)
  • 12/22に「シュヴァリタの野郎は何処だ」みたいに言ってたフェイスマスクさんが誰なのか調査中です。情報求む (2010-12-29 01:57:58)
コメント: