グルゴン=イクシール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うむ…………

こんな事を言うのは不躾かもわからんが、職場では、素敵な女性に会えたしの…………



グルゴン=イクシール(Gulgon=Exciel)
『万重の人間城塞』

【人物】
青の下地に黄色のラインが入った大型の甲冑に身を包んだ、2m半はあろうかと言う巨体を誇る大男


ヴェイス家当主、シュバルツ=L=ヴェイスの私設戦闘部隊「暴蜂(バウフェン)」の一員。24歳

ガルンロード=イクシールの弟
その巨躯は、幼少の頃から持っていたものらしく、武芸者として修業を積み、一人前の戦士となる
その後、ボディガードを募集していたシュバルツ=L=ヴェイスの元につき、シュバルツに仕える事になるが、偶然にもそこで、生き別れの兄であるガルンロードと再会
仕事仲間として、共にシュバルツ=L=ヴェイスに仕える事になる

絵にかいたような「武人」で、どこか暑苦しい所がある
だが、目上の者への態度はしっかりとしており、粗暴な兄に対しても常に敬語を使うなど、折り目正しい態度が目立つ
密かにリーナ=ヴェイセシスへの恋心を抱いているが、それを打ち明ける事はしていない

一方で、一般の人間の倫理観から言えば『悪逆』な行いの多いシュバルツに対しては、どこか苦々しい思いを抱いており、忠義を誓っている自身の態度との板挟みになっている

ちなみに、彼はシュバルツの事を「殿」と呼ぶ



【足跡】
暴蜂」の一員として、シュバルツに仕えながら各地を転々としている

東 銀鶏を追撃していた際に、リーズ・グレイトツリーと遭遇。第一級優先攻撃目標を殺害した際には5000000、第二級優先攻撃目標を殺害した際には3000000の報酬が出る事を伝えると『金額には興味がないが、銀鶏の殺害には手を貸す。それが成された時は、報酬は好きにすると良い』と言われ、協力体制が取られる事になる

休日に街を散策していたところ、車椅子を暴走させて危険な状態にあったセシリア・ランツを救助し、そのままセシリアを落ち着かせるために喫茶店に連れていく
話の中で、自分自身の所属についてはぼかしながら談笑していたのだが、突如セシリアが発作の様な症状を起こし、家まで車椅子を走らせて送って行く事になる
その途上で、青い顔色でうなだれるセシリアの姿に、かつてリーナ=ヴェイセシスを妨害し、そのまま返り討ちにされた少女がセシリアと同一人物である事を思い出すが、自身の感情、そしてリーナセシリアにはある程度同情的な態度を見せていた事もあり、最後まで自分の正体を明かさぬまま、セシリアを家まで送り届けた
なお、この際にリーナに思いを寄せていることがバレてしまい、からかわれる羽目になってしまった

シュバルツの命令に従い、風霊統主の城を攻撃した際には、主にエルフェス=ネヴィアと対峙する
シュバルツの行いに不快感を見せながらも、綺麗事だけでは世の中は回らないと、エルフェスに対して舌戦混じりの戦いを仕掛け、圧倒的パワーを駆使して優勢に立つも、エルフェスの捨て身の攻撃によって、甲冑を打ち砕かれてしまう
たった一人の愛する女性の為に、己の心をごまかしている事を隠しながらの反論に恥を覚えつつも、力で以って上回った格好だが、それ以上の戦闘行為を続行する事は不可能となり、更に兄であるガルンロードの死によって戦意を喪失
シュバルツの出す退却命令に従い、風霊統主の城を後にした

水の国ホウオウシティの包囲戦では、リイロクローンのαと共に、貴宝院 神衣不良じみた少年の二人と戦闘になる
彼自身の奮戦やリイロクローンによる特攻などもあり、少年を戦闘不能に追い込むが、貴宝院 神衣にノックダウンさせられ、回収される事になる



【所持品】
  • 甲冑
ボディガードとして仕事に臨む際に、常に着用している巨大な鎧
鉄の塊をそのまま加工した様な重量感にあふれ、計り知れない防御力を誇る
また、リーナの手によって魔力を減退させる加工が施されており、魔術攻撃に対してもそれなりの耐性を見せる
全身の装備合わせて、合計70kgにもなる、文字通り「鉄壁」の鎧である

  • ハルバート、鞭
メインで用いる武器
右手に持つハルバートも、グルゴンに掛かっては片手剣の様な頼りない対比となってしまう
事実、グルゴンはポールウェポン(長柄武器)であるハルバートを片手で操り、敵をなぎ払っていく

鞭は、遠方の敵に対応するための装備である
基本的に左手で操るが、そのセンスは高く、物を絡め取り投げつけると言った高等技も難なくこなす

  • 棍棒
グルゴンの「最大」の武器
どこかの柱をそのまま抜き取り、取っ手をつけた様な、豪快な武器である
一本で通常の成人程の大きさを誇り、50kgの重量を誇る
恐らくは、彼以外に扱えるものはいないと思われる武器である

  • 暴蜂」のバッジ及びエンブレム
暴蜂」の一員として行動する際に着用が義務付けられている、蜂を象ったバッジ
逆三角形の金のプレートに、蜂があしらわれている
暴蜂」の人間は、全員がこれを所持している
だが、彼は「暴蜂」の一員として行動するときは、鎧に身を包んでいる事が多いため、特別に鎧用のエンブレムも支給されている



【能力】
無限体力
グルゴンの肉体は「疲労」という概念が存在しない
元々恵まれていた体格に、更にこの能力が合わさったことで、超人的な身体能力を得るに至ったのである
常に肉体はピークの状態が保たれており、永続的にその筋力を発揮し続ける事が出来る

ただし、これは敵の攻撃に絶対の耐性を持つという事とは意味が違う
脳震盪や感電による運動能力の低下など、様々な要因によってポテンシャルは上下する
あくまで、スタミナの面において「疲労」の概念が存在しないと言うだけである



【戦闘】
巨躯を支える能力と装備によって、人間戦車とも形容できるようなパワーを発揮するグルゴンは、護る戦いにおいて真価を発揮する
半端な戦力ではその牙城は崩せない、正に鉄壁の堅さを誇る

問題としては、足の遅さとロングレンジの攻撃に対応できない事だが、もしガルンロードとのタッグを組む事が出来れば、スピードに長ける兄とパワーに長ける弟と言う、完璧なチームが出来上がる
また、ミドルレンジについては鞭による攻撃で対応可能なので、あくまで「移動の遅さ」のみが問題なのである