【特設】ブレイザーシティ解放戦線情報まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あとがき

このページは、10/12/4に行われた対機関連合の会合イベントにおいて、
キャラ間で話し合われた・提供された情報を、中の人向けに整理した期間限定の特設ページでした。

10/12/18のイベントで決着したことにより、「ブレイザーシティ解放戦線」関連に関しては
一度幕が下ろされた形となりましたが、一応このページ自体は跡地として残しておきます。



ここに纏められた情報は、会合に参加したキャラならば全員が知りえている情報です。
他キャラにこれらを伝える状況になった場合、それをスムーズに行えるようにと思って作ってみました。
(あくまで状況によってはですが、極端な話、ここでの情報は「かくかくしかじか」で伝えることも可能になりうると言う事です)




Ⅰ. 『会合』そのものに関する情報

  • 開催された場所は、水の国、とある寂れたビルの地下にある『Bar いま☆じん』(現在休業中)
  • 対機関連合』のリーダー『天ヶ谷 双葉』が意識不明で入院している事が判明。
  • 副リーダー『黒野 カンナ』がリーダー代行として会合を主催する。
  • 主な議題は二つ。今後の対機関連合について。そして、ブレイザーシティ奪還について。

◆参加キャラ

a. ブレイザーシティ奪還作戦に関する情報


決行は12/18。前夜17日に集会予定。

以下、基本的な作戦内容。

まず、増援を防ぐ為に、電気・通信系統の破壊、ないし、妨害工作を仕掛ける。
次に、『六王教団』のバックアップと共に、能力者たちが東西南北の検問へ奇襲、突破。
その後、以下の各部隊に分かれて行動を取りつつ、迅速な市庁舎の制圧へ移る。

その間の情報共有は貴宝院 織守の術を用いて行う事が可能。

/このような作戦になっているという『設定』です。
/当日はイベントスレにて参加表明を頂いたキャラで参加して頂く形になります。以下も同上です。

◆『隠密工作部隊』

◆『避難先導部隊』

◆『強襲遊撃部隊』

  • その他情報
ヴィルダ・ヴォルデ』、『ピエロ・リュネール』と言う二つの機関特殊部隊が確認されたと言う報告あり。
並みの機関兵より手錬れだと言う印象を受けたとのこと、交戦の際には注意の必要ありか。


b. 今後の『対機関連合』に関する情報

リーダー『天ヶ谷双葉』が意識不明・回復の目処が不明なため、
リーダー復帰までの間、副リーダー『黒野カンナ』がリーダー代行を務める。

+ 途中入場のキャラについて

◆方針転換

◆組織体制

Ⅱ. 『家電(楽器)魔導具』に関する情報

  • 魔術協会の魔術師たちの力を借りて、鋭意作成中。
  • カモフラージュのために、『懐中電灯』のような『家電製品型』の魔導具である。
  • 用途は、住民が避難する際に身を守るためのもの。現在、シティ内に密かに輸送中。
  • 中に込められた術式は二タイプ。攻撃用のものと、防禦用のもの。いずれも込める魔術師によって術式が異なる。
    攻撃用の術式は単体では発動せず、複数人による同時起動で始めて発動する。
    防禦用の術式は単体で発動可能、かつ、危険を察知すれば自動でも発動する。