フィール・ベイナル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

凡人の視る世界: フィール・ベイナル
くっ‥‥静まれ‥‥俺の右腕よ‥‥‥!

 P ersonal Data 鷙ハ0Y0N;NuL
氏名 フィール・ベイナル / File Banal
性別
年齢 22才
血液型 O型
身長 183.3cm
体重 57.1kg
黒と黄の多重輪
頭髪 ぼさぼさの赤毛
能力種別 魔眼
武装 Desert Eagle .50Action-Express
所属 魔術協会
趣味 研究非日常の空想


外見

赤ジャージに青染めの白衣、サイケな服装の男。
胸元には燦然と輝く魔術協会のシンボル
無精ヒゲに、ぼさぼさの赤髪。丸まった背中。
凡庸な作りの顔の中で、黄と黒の輪が重なり合って出来た瞳だけが異質。




設定

稀代の天才魔術師であり、かのヘルメス=トリスメギストスと同等以上の頭脳を持つ。
名状しがたき邪法の研究の末、脳に刻まれた方程式は、公表されれば世界が引っくり返るほどの力を有するが為に、機関のエージェントから追われている。
如何にの天才魔術師といえど、桁違いに強大な敵の魔の手から多くの人間を護りきることは不可能。
理不尽な危険に晒さないために、家族とは縁を切り、友人関係は極力作らない
唯一のパートナーであるマルムと共に、機関に対して散発的なゲリラ攻撃を仕掛けつつ
逆転の一手を掴むために、日々研究を重ねている。

また、右腕には暗黒神が封印されており、戦闘や会話中、自らの立場が危うくなったときなど
良い感じのタイミングで、比較的頻繁に解けそうになる。
暗黒神の力が開放された場合、周辺半径5kmは、雑草さえ残らない焦土と化してしまう。


――――という 設定 で妄想しており、98%フィクションである


魔眼

転写の性質を持つ魔眼。
視たものを複製し、位相をずらした後で空間に出現させる。

目視が不十分だったり、構造の理解できないものはコピー成功率が下がる。
成功した場合でも、大抵のものはデザインが狂ってしまう。
これは、魔眼を得て視力が弱くなった為だと考えられる。

また、特殊な性質を持つものは内部構造が再現されない。
外見の酷似した紛い物が出来る。
魔道具などに対して発動しやすいエラー。

以上の記述は、魔眼を得てから一ヶ月の実験と実戦データに基いた彼自身の考察であり
未解決事項も残っている

  • 見えていない部分(地面内部や、服の裏地、生物構造)が自動補完されている。
  • 貴金属を複製した場合、どんな単純構造であってもメッキになり、通貨の類は歪む。
  • 運動量を伴ったままコピーする。

よって、 魔眼の本質が考察と全く異なる 可能性も想定されるが
彼自身は瑣末事だと考えているようで、これからの時間を割いて調査するかどうかは不明。


所有物

青染めの白衣
白くも無いのに白衣という矛盾に満ちた代物。青年がサイケと描写される理由の一つ。
黒塗りの携帯電話
よくマルムと会話している。電源が入っていることは余りない。滅多に無い。一応カメラ機能は付いているようだ。鈴音から貰った鈴を二つ結わえている。
鈴音の鈴×2
サイズは1cmほど。鈴の内部には、細長いものがのたくったような、白い水色の跡が無数にあって、そこから澄んだ水のような魔力が溢れている。うねうねとのたくる跡は、魔法陣のようなもので、鈴の音色を幾らか増幅し、その分を魔力に変換する構造らしい。
デザートイーグル
Desert Eagle.50AE。大口径マグナム弾を装填できる自動拳銃。飛び抜けた破壊力を誇る代わりに、反動も厳しい。確り構えなければ、肩が悲惨なことになりそうだ。アルミという人物から譲り受けたと言っていたが、妄言かもしれない。


来歴

2010年11月21日、魔法陣を精製する際、外的要因により座標指定を失敗。
脳内部に形成された魔法陣は、被術者の双眸という窓から外界を臨むことで、〝魔眼〟と化した。
裏を返せば、ただの後遺症。即死するような事故で命が助かったことを、運が良いと捉えるべきか。

しかし、偶然融合した魔力が馴染む筈もなく、青年の身体は不調を訴え始める。
衰弱していく筋力。老人のように弱くなった視力。丸まった背中。精神も不安定。
宣告された余命は一ヶ月。
魔術の使えない一介の研究員から、〝能力者〟になれたと思ったのに――。
それでも、彼は神に感謝した。何を信仰している訳でもないけれど、無性にそんな気分だった。
一度死に掛けて、助かった。寿命が一ヶ月も延びた。
せめて最期の瞬間に悔いを残さないように、好きなように振舞って楽しく生きようと決意した。
ここまでが、フィール・ベイナル始まりの話。