ガルニエ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『死せる鋼女』



名前 マーク・マーギュリス・ガルニエ
性別 女性
年齢 23
身長 172cm
体重 70kgと少々
所属 無し
能力 “LightEr-聖”
好き 戦うこと・娘
嫌い わずらわしさ
特技 お茶を美味しく淹れること

【人物】

銀色の髪と褐色の肌が特徴的な、戦いへの “執着” を見せる女性。
昼の国の貴族の血を引いていて、が居り、性格はサバサバとしている。

以前はカノッサ機関に所属したが哲学者の卵が暴走し離脱
その後は紆余曲折を経て卵と別離し、大会への出場・入賞なども果たす。
此処に至って 『鉄の女王』 とまで呼ばれた鉄仮面は完全に消え去るが
しかし今後の身のふりを考えていた八月二十八日深夜、刺客との戦闘の末に 死亡 した。

【戦闘】

軍人時代の経験を生かした格闘術、並びに能力使用による中~長距離の戦闘を可能とするオールラウンド型
近付けば急所を狙った強力な一撃を、離れれれば数に物を言わせた弾幕を張るなど、好きなだけあって戦いは強い。
ただし器用貧乏と言える点も多く、近接は獣人などに、中距離以遠は魔術師らに遅れを取るといった面も見られる。

  • 『“LightEr-聖”』
元々持っていた光を操る能力に、神聖属性が付与されたというもの。
光を武器などに具現化して戦うだけでなく、度々天使のような姿に化けて戦うことも。
単純故に強力な能力で、最後の戦いでは橋すらも一撃で砕くという脅威を見せつけた。

【所持品】
※此処に並べられた品は全て娘へと譲渡。

  • 『赤刀-セキトウ-
    七野 七緒から受け取った刀。彼女の試作品であるため銘は仮のもの。名のとおりに鞘と刀身が赤い。
    ガルニエ自身も手を加えており、コレによって刃を細かくギザつかせ、また耐久力を増してある。
    鞘で充電できる雷刀でもあるのだが、効力はせいぜい火花を散らす程度。使用方法によって化ける、か。

  • 『“Random pet”』
    ヴァーテッド少年及び“代理殿”と共闘した際に手に入れた卵のような物。
    これに何かの細胞(血や体毛など)を混ぜ込むと、親指大のそれとして生まれ出る、というアイテム。
    コレによって生まれた生き物は戦闘力を持たない……が、そもそもガルニエが孵化させるかは分からない。

【備考】

  • 先述の通り、八月の末に死亡した。その際に遺書が残されており
    家督や資産の一切を娘に譲り渡す、とあったそうである。 ←New&Final...

+ 普段の彼女(イメージ)はこちら