水の国支部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〝技術的進歩による破壊〟――――すなわち〝Z.F.T〟


議員であるジャジュル議員が支部長を務めている機関の支部の一つだが、裏で管理運営を任されているのはレギンである
〝疑似科学〟研究を特色として、高い科学力を誇っているが、科学一本という訳でもなく


水の国の中心部の近代都市部に堂々と建っている黒塗りの超高層ビル

全108階層で、地下には巨大な兵器製造プラントがある

個別IDによる侵入制限など、厳重警備のようだが、熟練した能力者等なら割と簡単に侵入は可能
一般の機関兵は50階層までしか行けず
ナンバーズは特別な要件がなければ100階層までしか侵入不可
104階は暴蜂へと貸し出されている
暴蜂との協力関係が構築されており、相互に人員の配備がされている


  • 天への祭壇

支部屋上に存在する複数のモノリスに囲まれ、中央にアステカの祭壇のレプリカがある空間

そこから都市部全体に巨大な術式が展開されており、市民が感知、影響されないレベルの微弱な魔力、生命力を収集している

  • 第二支部長室

108階に存在する、内装は

【両サイドの本棚には様々な〝魔道書〟や〝古文書〟などが規則正しく置かれ】
【中央には黒いソファーが向かい合って二つとガラスのテーブルが一つ】
【奥にはいかにも管理職といった大きな木製のデスクの上に書類の束】
【デスクの社長椅子の後ろには4つの巨大なモニターがあり、デスクの脇の4つのPCに接続されている】
【部屋の隅には小さな螺旋階段があり1.5階といった部屋の上段に繋がっており】
【上段にはカプセルに入った様々な鉱石や、武具などが飾られている】
【部屋の隅には黒いソフトハットしか掛っていない帽子掛け】
【巨大モニターはリモコンで上昇し、天井に収納、ガラス張りの壁になる】

  • 大規模研究プラント第一区画

【最初にエレベーターの前に広がる部屋は巨大な工場のような施設である】
【全ての壁は白に統一され、まるで病院のようだ】
【奥行きはゆうに200mはあるだろうか】
【その部屋からさらに無数の廊下があり、廊下のはさらに新たな部屋へ繋がっている】
【部屋の中心はドーム状に窪んでおり、ガラス張りの壁からそこの様子がうかがえる】
【ドーム状の下は、無数の培養液が入った人体用フラスコに入った〝ヒトガタ〟が並んでいる】
【ヒトガタは文字通り、人の形をしただけの真っ白な物体である】
【その物体の顔には鼻や目と言ったものは存在しない】
【フラスコには〝Deus ex machina〟とだけ刻まれている】
【それを白衣を着た研究員達が最新鋭の機械や、器具を用い、研究している】
【部屋にある大型モニターには様々なデータが映し出される】

  • 大規模研究プラント第一区画《ガートルッドのラボ》

【無数にある廊下の一つの奥から二番目の扉の奥にそれはある】
【部屋の奥行きは40m程で、白く、何も無い部屋である】
【部屋の照明は最低限に落とされている】
【部屋には書物の類は欠片も無く、人間味のある物は一台のPCとコーヒーメーカーぐらいなものである】
【テーブルの上には哲学者の卵が一つ、置いてあった】
【そして、部屋の隅には、小規模な精錬装置が有り、ここで合金の生産が出来るようにしてあるようだ】
【ドラフトチャンバーや、最新技術による小型電子顕微鏡】
【オートクレーブ、その他必須器具を所狭しに並べた棚が並ぶ】
【見るからに研究室、と分かる部屋であった】

  • カフェラウンジ

50階にある、いたって普通のカフェ
あまり入り浸り過ぎると支部長であろうと怒られる

  • 70階、セラフィの部屋

【カノッサ機関水の国支部、70階。黒い塔のわりかし上の方に配置されたそのエリア】
【宿泊用の部屋が並ぶ廊下、その内の一つの扉、「119」と描かれたソレを開けて踏み入った先】
【「猫一匹」に与えられた部屋にしては、明らかに豪華すぎるけれど。まあそれは置いておこう】

【柔らかな光を放つ照明器具、清潔な壁紙、ふかふかのベッド。シャワールームなんかも付いているようで】
【星が付くほどの評価を持つ高級ホテルにも匹敵する設備を持つその部屋に、ぽつんと置かれたそれ――】
【大きく膨らんだぼろっちいリュックサックだけが、無限大な場違い感を漂わせている】

セラフィがこの支部に所属するときにレギンから与えられた部屋。
しかし彼女は、気紛れにふらふら外を出歩いていて、この部屋にあんまり帰ってきていないようだ。まさに猫に小判である

  • 『V.I.C.特別区内特設第二水の国支部――――ラビュリントス』
【、水の国の荒野――――ほとんど盲点の様な場所に用意された、要塞秘密都市】
【その都市の一区画に聳え立つ、屋上に円形の物体が浮いているまるで病院のような白い超高層ビル】

暴蜂との協力関係に伴い、その拠点で機関に貸しだされた区画に聳え立つ要塞兼、研究プラント
内部は中央が吹き抜けになっておりその周りに円形の通路があり、そこからさらに各部屋に繋がっている
吹き抜け部分の中央には塔があり、そこへは最上階のブリッジを利用してしか入る事はできない


所属ナンバーズ





部隊


その他機関員、研究者





外部研究員、協力者




<所有するアイテム、兵器>

+ ...

暴蜂連絡用


投稿欄

発信者
本文
  • 暴蜂のリーナです。連絡が遅れました事、まずは申し訳ありませんでした


    なにやら御用があるとの事ですが、残念ながら、こちらの直近のスケジュールに余裕が無いのが現状です
    おそらく、この状態は来週あたりまで続くと思われますので、そちらに顔を出すとしたら、恐らくそれ以降になるかと思われます
    長らくお待たせしてしまう事になるかと思われますが、どうかご了承ください


    それでは、失礼 -- リーナ=ヴェイセシス (2011-07-30 12:07:07)



(現在水の国所属または、所属したいという方がおりましたらどんどん追加していただいて構いません
また施設なども同様です

現在イベントを起こせるかは微妙な所ですが、通常絡み、及び突発テロなどで少しずつ利用できればと思っておりますのでご了承ください)