クラウス・アヴィット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Claus Avitto



──容姿


【黒のパンツスーツを着た、顔の上半分を黒い仮面で覆っている、肩にかかる程度の長さの黒髪の女性】
【首にはチョーカー型の電動人工声帯が付けられている】


──性格


一人称は「私」で二人称は「あんた」「お前」など
戦闘が苦手と思わせる素振りをしたと思いきや、得物はナイフを使用するなどどこか戦いなれた素振りを見せる。
戦いを嫌がったかと思いきや、急に戦闘に応じたり。かと思えば見知らぬ人間に食事を奢ったりする優しさも見せる。
口調もぶっきらぼうなものかと思えば急に普通の女の子のような口調になったり。
性格が安定しているとは言い難い、矛盾多き女性である。


──能力


一度姿を消した後、少し離れた別の場所へと姿を見せるという芸当をしたことがあった。
ごく短距離を瞬間移動ないしはワープすることの出来る能力でも有しているのだろうか?
また、戦闘においてはスーツに忍ばせたナイフを投擲して戦うことが多い。


──その他特徴


  • ピアスは付けていないものの、左耳にだけピアスの穴が開いており、右耳にはふさがったピアスの穴の痕が存在している。
  • 人工声帯は安物らしくしょっちゅうノイズが混じる。
  • たった一度だけ、人工声帯を介さずに言葉を発したことがあることから、全く喋れないというわけではないらしい。因みに、そのときの声は若い女の声であった。
  • ≪R.I.P.≫に参入したがっている言動を見せている。