マーシャル・T・ロウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…正義の風は、2度吹くさ――」

「This is my Justice .」


【blue justice/青義同盟】 リーダー  マーシャル・T・ロウ / Marshall・T・Roe




【容姿・性格など】

身長は170cm半ばで、体格も普通の若い男。黒の短髪で黒目。名前に似合わず東洋系の顔だが…
昔は典型的なウェスタンファッションだったが、今は青のスーツに赤のネクタイ、そして青のソフト帽を深くかぶっている。
誕生日は1月26日、血液型はO型。年齢は20才である。星座は水瓶座である。
前に比べて随分と丸くなった印象。口調も前よりかは大人びた感じになり、前には欠片も無かった謙虚さがついた。
いろいろと怪我で長い間入院したことが心境の変化のきっかけか。あとどうやら新しい技を身につけている途中とか。
性格は基本陽気(その日のテンションでキャラが変わる)で 女好き だがどんなときにも警戒心は抱いている。 お酒大好きだが下戸。自称紳士。

【能力】

<フロスト&フレイム>
特殊な2丁拳銃を具現化して戦う。右手には炎の弾丸(当たったものが燃える)を任意で撃てる赤いリボルバー 【レッドファルコン】
左手には氷の弾丸(当たったものが凍る)を任意で撃てる青いリボルバー 【ブルージャスティス】 を具現化できる。
炎の弾丸は赤く燃えていて、氷の弾丸は青く輝いている。装填数それぞれ9発。氷の弾と炎の弾が衝突した場合中規模な爆発が起こる。
リロードはリボルバーを消して再度具現化すればできるが、普通のガンマンのリロードより少し速いレベルである。
彼曰く 「この能力はオマケで俺の本当の武器は1mmも狂わない正確な射撃だ」 という。

【得意技】

<反射弾丸(リフレク・ショット)>
看板の角や小石などに銃弾を当ててその跳弾で相手を狙うという彼ならではの高等テク。
この技術を使い 相手の死角に銃弾を飛ばす のが彼の基本戦術。
この技を使うときには通常の弾丸を使う。そうしなければ跳弾せずに燃えたり凍ったりしてしまうからだ。
<MKG(マーシャル式ナックル&ガン戦法)>
ロウが開発した、「撃つように殴り、殴るように撃つ」という近接格闘と射撃を組み合わせた接近戦でのみ用いるトリッキーな体術。
その間合いは変幻自在。
<高速三連銃撃(トリプルクイックドロウ)>
威力がほしい時に繰り出される高速で引き金を3回引き3発の銃弾を重ねるようにして放つもの。

【備考】  

自分の事を「賞金稼ぎ見習い」と言う。現在若葉色の「新人ライセンス」を所持。
好きなお酒は「梅酒」だが、今はカシスオレンジをよく飲む。
格好をウェスタンからスーツに変えたのは、自分が「マーシャル・T・ロウ」であることを同業者から隠すため。
ちやほやされる甘い環境では強くなれないと思ったからとか。
自らの実績を捨て、賞金稼ぎ界のビックネームを隠すことは、
右足に大きなけがを負って長い間入院していたときに決めたらしい。
同業者には、偽名を使う。

【賞金稼ぎとしての実績】

3年前に年間のSランク賞金首の検挙数の記録を打ち立て、
2年前には1人で巨大麻薬組織「es」を壊滅させるなど輝かしい実績を多く持つ。
先ほども言ったが賞金稼ぎ界ではビッグネームであった。
しかし今はその称号である「S級ライセンス」を自ら捨て、「新人ライセンス」を取得。
理由は「過去の称号」にすがりついても強くなれないから。