忠誠と慕情


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いや……いやだよ先生……いやああああああああああああ!!」

「先生、起きてよ先生!死なないで!先生、ブラッドレイ先生!!」

「ひっ……うぐ……置いていかないで……一人にしないでよ……」




「────お母さん……」


あれから五年。
“塔”の技術は今や世界中に浸透し、文明を遥かに高度なものへと発展させた。
科学や医療の進歩は人々の生活を豊かにしていたが、それも必ずしも良い事ばかりとは言えない。
テロリズム。
イタリアの経済格差に伴い、北部と中部の一部を独立させようとする、極右集団の存在。
彼らによる爆破テロ、要人の誘拐・暗殺は、イタリアの政権や経済に致命的な打撃を与えている。

後悔していた。
私は“塔”のデータや未公開技術を、過去に特許として売却している。
あの時、“トランス”に入って“塔”の関係者達を……先生を殺してしまった事への、せめてもの贖罪のつもりだった。
もし私があの事件を起こさず、研究のための道具として一生を終えていたなら。
先生の研究が実を結んでいたなら、世界はもっと違っていたのではないか。
そんな尊い可能性を摘んでしまった贖罪として、“塔”の技術を少しでも世に役立てようとしたはずだったのに。
私の軽率な行動が、結果的には現状に繋がる原因の一つを作ってしまった。
とても赦される事ではない。
短かった高校生活も、残す事あと数ヶ月。
何時までもいじめられっ子のままではいられない。
その時にはもう、私のやるべき事は決まっていた。

イタリア国家憲兵隊、カラビニエリ。
イタリアに於いては陸軍、海軍、空軍に次ぐ第四の軍隊として認知されており、軍警察とも呼ばれる。
平時には国家警察と同様の活動を行うが、有事の際には憲兵及び戦闘部隊として機能する組織である。
テロに侵される国家のため、傷つき倒れていく国民のため、そして自らが犯した罪を償うため。
私は高校卒業後、すぐさまカラビニエリに志願した。

女という事で過小評価されていた私は、教育課程で「体力馬鹿」の烙印を押され、
部隊に配属されるや否や、すぐに人員の足りないボスニア・ヘルツェゴビナに飛ばされた。
つまりは呈の良い生贄という事だったのだろうが、私はボスニアで徐々にその能力を開花させていく。
平地での私は、正直なところ無能な一般兵でしかなかった。
この獣じみた身体能力も、相手が銃を持っているというだけで殆ど意味を成さなくなる。
しかし市街地や屋内、山岳地帯等に於いて、私に追随出来る人間は皆無だった。
やがて経験を積み、平地でも対銃火器を問題としなくなった頃に、ボスニア紛争は終結。
私はイタリアに帰国し────フランチェスコ・マキャヴェリ少佐と出会った。

武勲を認められた私は、弱冠18歳にして准尉にまで昇格。
帰国してすぐに第一パラシュート連隊に配属されるという、異例の扱いを受けた。
入隊して一年にも満たない小娘が部下を持ち、エリート部隊の所属となるのだ。
当然、それ相応の軋轢は生じたし、気持ちの良いものでもなかったが、いじめには慣れている。
先生とその祖国であるイタリアに忠を尽くす事以外、私にとってはどうでも良い事だった。
いずれは対テロリズムに携わり、テロを撲滅する事で、自ら犯した罪への贖いとする。
そのためなら多少の苦痛は問題にならなかったし、何よりもカラビニエリ隊員である事に誇りを持っていた。

第一パラシュート連隊に配属されて一年、私はもうすぐ20歳を迎えようとしていた。
空挺の若きエリートと将来を期待されていた私に、ある日GISから選抜の声がかかる。
カラビニエリ特殊介入部隊、通称GIS。
対テロを目的とした特殊部隊で、精鋭中の精鋭のみが所属出来る部隊。
通常は30歳以上しか選抜されない部隊、そこに特例で小娘の私が入れるというのだ。
私の実力が国に認められ、また必要とされている何よりの証拠だった。
予想よりも遥かに早く訪れた、自らの罪を払拭する事の出来る機会。
私は歓喜のあまり小躍りし、二つ返事でその声に応えた。
そして私は当時のGIS指揮官、フランチェスコ・マキャヴェリ少佐と出会う事になる。

「これでお前の命は私のものというわけだ。身も心も私のために捧げろ、いいな」

私が正式にGISの所属となった時、制服に身を包んだ初老の男性。
フランチェスコ・マキャヴェリ少佐は、私にそう仰られた。
彼の事は、出会う前から良く知っていた。
少佐は元々イタリア陸軍の人間で、ソマリア内戦にも参加した事のある猛者だ。
銃剣のついた二丁拳銃を手に、敵陣のど真ん中を駆け抜けるという、聞いただけで分かる屈強な歴戦の兵士。
地雷を踏んで足を悪くされてからは軍を退役し、現在はGIS指揮官の席に就かれている伝説的な人物である。
“彼が戦う事が国の利益”、そんな英雄と共に戦う事が出来るなんて、まさに夢のような話だ。
そして何よりも、私をGISに推薦してくださったのは、他ならぬ少佐だった。

「はっ!マリア・ブラッドレイ准尉、全身全霊で少佐に尽くさせていだたきます!」

私は少佐の片腕として、必死になって働いた。
GISの最先鋒としてテロリストの施設を破壊し、反政府活動を妨害し、幹部を暗殺した。
忠義というものを始めて知った。
今まで忠義だと思っていたものは、忠義ではなかった。
彼のために尽くし、捧げ、犠牲となる事が、彼の糧となり剣となる事が、私にとって無上の喜び。
その時の私は、そう信じていた。

それは少佐にとっても同じ事だったのだろう。
少佐には最愛の奥様と、娘さんが一人いらっしゃった。
私が抱いているのは絶対の忠誠、彼の盾となって死ぬ事こそ本懐。
少佐が御家族に抱く愛情とは、全く別の異なる感情だ。
必死にそう信じようとしている自分に、私はまだ気が付いていなかった。

私が22の時、中尉になって少し経った頃、テロリストによる立て篭もり事件が起きた。
テロリストによる人質全員の射殺、そして拳銃自殺という、あまりに凄惨な結末。
その被害者の中には、少佐の奥様と娘さんが含まれていた。

呆然とする私の目に飛び込んだのは、御家族の屍にすがり泣き叫ぶ少佐の姿。
娘さんの亡骸を抱きしめ、既に冷たくなった奥様の唇に、何度も接吻を繰り返していた。
かつての私と全く同じ姿。少佐の心を引き裂く哀しみは痛いほど理解出来るはずなのに。
その光景を見て急速に冷めていく自分の心に、私は戸惑う事しか出来なかった。

程なくして、また私に昇格の声がかかる。
今まで通り少佐の下で、部隊長としてGISを率いてほしいとの事だった。
────あの時私は、自分のグロテスクな感情に気付いてしまった。
泣き叫ぶ少佐の姿を目の当たりにして、あろう事か私は考えてしまったのだ。

「なんだ、そういう事か。少佐は最初から、御家族のものだったんだ」

そんな当たり前の事、とうの昔に知っていたはずだった。
それを知って尚、少佐に忠誠を尽くしてきたつもりだった。
なんという事は無い。
私はつまり、少佐を自分のものにしたかっただけなのだ。
拠り所を求めて、少佐やテロリストを利用していただけだったのだ。

「いつか私が軍服を脱ぐ時は……。その時は、GISを……イタリアを、頼む」

その言葉を少佐から聞いたのも、丁度この頃だったように思う。
御家族が亡くなられてから、少佐は目に見えて落ち着きを失っていた。
少佐がいずれカラビニエリを抜けるような事を口にするなど、未だかつて無い事だった。
なのにその時の私は、少佐の明白な動揺と不安を読み取る事すら出来なかった。
私はあの時に、心の何処かで思ってしまったのかも知れないのだ。

────少佐の御家族が亡くなられて、やっと少佐を自分のものに出来る。


大きく沈むソファ、私の上に覆い被さる少佐。
制服の上から私の体をまさぐる、少佐の武骨で大きな手。
布が擦れる音と、ギシギシと音を立てるソファのスプリング。
首筋にかかる少佐の熱い呼吸を感じながら、ぼんやりと考える。
少佐に押し倒されたのか、私は。
待ち望んでいたはずの瞬間。
だというのに、なんだかもう、どうでも良かった。

「……中尉、何故抵抗しない。私は、失望されたのではなかったのか?」

「お抱きになられないのですか?」

「質問に答えたまえ!」

何も感じないのだ。
悦びも嫌悪も、何も。
頭に浮かぶ事と言えば、外気に晒された胸が寒いなとか、そんな事ばかりだ。

「嫌ではありませんから。むしろ、こうなる事を望んですらいました」

私のズボンに入り込み、太腿を撫で回していた少佐の指が、私の中心に突き立てられる。
鋭い痛みが走り、意識とは無関係に表情が歪む。

「嘘が下手だな、中尉。全く濡れていないじゃないか」

「……さあ。そういう事は、あまり詳しくないので」

少佐は私から顔を背けると、立ち上がって制服の乱れを直しながら、服を着ろと呟く。
そして少佐は、私に背中を向けたまま、更に小さな声で詫びた。

「上に報告して構わん。自分の娘ほどの君に暴行を働いたのだ。弁明の余地は無い」

「まだ何もされていませんし、嫌ではないとも言いました」

「……君に散々戦いを強いてきた私が言えた事ではないが……自分の体をもっと大事にしたまえ」

こういうのは、強姦と言うんだ。
治安維持組織特殊部隊の長が取る行動ではないな、と少佐は吐き捨てる。
その背中をぼんやりと見つめたまま、私は言わなければならなかった事を口にした。

「少佐にお別れを言わねばなりません。私は、貴方の下に仕える資格を失いました」

その言葉に少佐が驚いて振り返り、そして即座に目を逸らす。
罪悪感に塗れた表情。何故そのようなお顔をなさるのか分からない。

「……服を着ろと言ったはずだ。それと……本当に、済まなかった」

その言葉で、私は自分が泣いている事に気が付いた。
涙を流すなど、一体何時以来だろう……長い事、忘れていたような気もする。

「……もっと、早く抱いてくだされば良かったのに」

「卑怯だな、お互い」

乱暴に涙を拭い、半ば脱がされた制服を着直すと、私はソファを立ち上がる。
そして少佐に背を向けると、蚊の鳴くような声で呟いた。

「……忠誠を偽り続けた事を、どうかお許しください」

「なに、謝るのはこちらの方だ。元気でな。地獄でまた会おう」

「ええ。いずれ、また」

私はその日の内にカラビニエリを去り、その日の内にこちらからCIAのリクルーターに接触。
彼は気遣っているのか、呆れているのか、引いているのか分からない表情で、何故戦うのか、と問う。

「まだ殺されていないから、でしょうか」

小さな声で、クレイジーと聞こえた。
大きな御世話だ。