リリセール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Qui dormit, non peccat.
「眠っていれば、 を犯さずに済むの」


  LXXII ── Lilitherre                                                                         


┼─── Omnes una manet nox.
 肩が露出したゴシック調の黒いコルセットワンピースを纏う、痩身の女性、の姿をした何か。
 琥珀色の髪と真紅の瞳、やや蒼白いほどの肌を持つ。その貌は、表情を欠損して人形じみている。
 身の丈近くもあるような燻銀色の魔杖を携え、靴を履いておらず何故か常に素足のままでいる。

 その身に流れる血は、人に非ざる漆黒。
 常にブランデーの香を漂わせ、念話と呼ばれるテレパシーに近い術で会話をする。
 神出鬼没。出現や消滅の際には、黒い薔薇の花吹雪を伴う。

┼─── Nemo nisi mors.
 一体どんな能力や魔術を有しているのか、その全容は未だに不明。
 力の無い非能力者を杖の一振るいで『漆黒の彫像』に変えたり、
 また微力な念力や、簡素な魔力干渉結界を展開したりするのが確認されている。

 だが、主軸と見られるのは、が扱う筈の喚起魔術『名も亡き王の小さな鍵』による、贋造悪魔-Deofol-の召喚・使役。
 ただ、彼が行使する場合と違って、召喚獣との間にフィードバックダメージが存在するなど、所々に微妙な差異がある。

┼─── Non sum qualis eram.
 以前までは、名乗る際には“名前を持たない”、或いは単に“リリセール”とだけ告げていたが、
 ブルーラインと相対した際には『 リリセール=ゲーティア 』と名乗るようになっていた。
 本来、『ゲーティア』と名乗る者はであった筈なのだが……。