白銀の竜 > セン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-白銀の竜

神に仕えし竜。神に最も近い生き物。
その能力は圧倒的でNo.1と交戦しその力の片鱗を見せる。
しかし強大な力を使いすぎ現在は人の姿で能力もほとんど使えなくなっている。

-セン

白銀の竜が人間になった時の名前。
現在確認されている姿は初老の男性と白銀の短髪をオールバックにした青年と白銀の長髪に黒いイブニングドレスの女性。
力はかなり制限されており能力者と同等の力になっている。

能力は雨を降らす、水を操る、全てを消し去る雲をだすの三つのみ

とは友人で数千年前…
まだ鵺が幼少(といってもかなりの年齢)の時に神官として消去しに来る。
が、鵺の姿に昔の自分を重ね合わせ聖神の命令を裏切り、
しばらくの間共同で生活する。
鵺から去った後すぐに神竜に昇格する

ハーズとも交流があり、ハーズが居たときはよく一緒に団らんしていた。

最近は病院に入り浸っているが病院の院長という顔も持つので問題ではない。

地上世界の文化に疎く、間違った解釈をしている。
(風呂では必ず手ぬぐいを頭に乗せる、風呂上がりは必ずフルーツ牛乳など)

酒に強く茶に弱い。
酔ったらかなり淫乱になる