獅子堂 瑠璃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<名前>>

獅子堂 瑠璃


<<経歴>>


櫻の国の出身者であり輝天の妹でもある。現役の忍長であり。
輝天と同時に拾われ、忍になった。
輝天が先代の忍長を殺し、忍び里を抜けたことによって一度は忍軍は解散したように見せたが、
妹である瑠璃が輝天に代わって忍長を代役する事により、一度解散した忍軍も再度復活した。
現在は兄を探して旅をしている。



<<容姿>>


美しい翡翠色の髪を腰辺りまで綺麗に伸ばしていて、透き通ったような翡翠色の目を持ち顔は少し幼く見える。
京紫の下が太ももが見える程度の丈の忍服を着ており、外出時は藍色のコートを羽織っている。
背中に漆黒と白銀の2対の忍者刀を背負っており、足袋を履いている。
身長は150後半くらいだろうか。



<<性格>>


性格は明るい方だが、兄の事や戦闘の事になると熱くなりすぎることがある。
基本的に人を助けようとしないが、情に入られると仕方なく助けてしまうようだ。



<<能力>>


輝天と同じく忍者なので、体は身軽。忍術や体術、幻術も輝天から比べると見劣りはするが、
敵の虚をつけば十分な威力にはなるだろう。
術が強力な輝天とは違い、術自体は見劣りするが変わりに瑠璃は二対の忍者刀を使う忍刀術を使う。



<<使用術>>


『忍刀術』
二対の忍者刀を用い、虚をつき敵を仕留める術。
瑠璃が一番得意とする術である。

『桜吹雪の術』
桜吹雪を発生させ、敵をまどろわせたり自分の姿や気配を消す幻術。
輝天のとは違い、範囲も桜吹雪の密度も弱い。



<<武器>>


『宝忍刀・闇影殺』
忍の里に伝わる漆黒の宝刀。
かなりの鋭さと切れ味、そして影を操る力があるという。
刀が極限に軽いため居合いにも応用できる。

『宝忍刀・凍氷殺』
忍の里に伝わる白銀の宝刀。
氷を発生させ、攻防ともに扱える刀である。
極度の負担がかかり、折れても時間をかければ修復可能である。


<<経 歴>>

2011年4月10日
丘で夢幻檸檬さんという方に出会いました。
最初はびっくりしましたがすごい優しい方で、
最近兄を会ったとのことでした。
桜餅いっぱい持っていかなきゃ……