刀儀刹奈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】刀儀刹奈
【容姿】身長171cm、体重58kg。鴉の濡れ羽色の長髪と深い黒色の瞳を持つ妙齢の女性。
    涼しげな切れ長の眼にすっきりとした鼻梁、形の良い唇と、櫻国人的な整った顔立ちをしている。
    女性としては背が高くすらりとした印象を人に与えるが、めりはりのある体つき。
    裾の長い黒革のロングジャケットコートを愛用し、その上から幅の広いベルトを締め、黒のニーハイソックスをガーターベルトで留める。
    コートの胸部は内側から大きく押し上げられており、胸が窮屈に押し込められている。
    脚には甲掛け付きの黒い軍靴、左手には黒い籠手、背中には長さ200cm程の大剣を背負う。

【能力】特殊な能力は一切持たないが、過去に受けた改造手術によって戦闘能力を強化されている。
    肉体は身体と感覚の機能、構造を強化され、筋力や感覚に優れる種族の上位個体と同等の力と頑強性を持つ。
    精神は恐怖心や倫理観を排除した上で人格を好戦的なものに調整されており、痛みに怯まず、自身の死も恐れない。
    しかし、度重なる実験によってこれらの調整の一部は変異・劣化を起こしており、現在の人格は調整を受ける前のものに近い。

【性格】人格を一度破壊されているため精神的に不安定だが、人格は調整前の状態に近いため、人当たりは穏やか。
    しかし好戦的思考から変化した加虐嗜好と被虐嗜好を持ち合わせており、他者を殺傷することを何よりも好む異常快楽殺人者。
    戦闘時は恐怖心を感じないために際限なく気分が高揚し、時間が経てば経つ程攻撃的になる。

【戦闘方法】主にチェーンソーに似た機構を持つ大剣、クラウドバスターと、銃身を切り詰めたショットガンを使用する。
      刀を用いた古流剣術とそれに付随する身体操法を修めており、大剣にもそれを用いて戦闘を行う。
      但し得物が非常に大きく重いため、剣術を活かしきれず、大剣による攻撃は威力が高い反面やや大振り。
      そのため至近距離まで接近された場合は、左手の手甲と甲掛け付きの軍靴を主に用いた格闘で迎撃を行う。
      他に視覚化する程の極めて高い魔力を持つが、魔術などの魔力の使用手段は持たない。

【備考】カノッサ機関をスポンサーとする研究所に実験台として拉致され、戦闘能力の強化手術を施された女性。
    異世界出身であり、元の世界では古流剣術を伝える家の娘として、技の稽古に励んでいた。
    研究所では実験台として日々を過ごしていたが、研究員を皆殺しにして施設の外に出る。
    その後、世界各地で殺人などの重犯罪を行いながら旅を続け、現在に至る。
    チェーンソーのような連結された外歯が高速で回転する機構を刀身に有する片刃の大剣、クラウドバスターを愛用する。
    他に銃身を切り詰めたショットガンをコートの内側に隠し持つ。