海原 進


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】海原 進(うなばら しん)
【容姿】
短く刈り上げた黒髪に、切れ長の黒目を持った精悍な顔立ち
上下はOD色(オリーブドラブ)の迷彩服、靴は頑丈そうなブーツ
紐を通した89式小銃を肩から提げ、皮製のレッグホルスターに9mm拳銃を仕舞っている
【能力】
無能力者
いわゆる『異世界』からの迷い人であり、元居た世界には『能力者』は愚か、カノッサすら存在しない
たたき上げで育ったので、それなりに身体能力、運動能力は高い
しかし無能力者であり、この世界のことも多くは知らない為、対能力者となると些かの不安がある
【性格】
任務を優先する性格で、少々硬いところもある
職業柄、一般人(のように見える人)には丁寧に接する
【戦闘方法】
自衛隊格闘術をアレンジしたものと、所持する銃での銃撃
【概要】
陸上自衛隊(だった。新世界では現在無職)の青年、在籍中の階級は二等陸尉
訓練中、偶然にも開いていたワームホールに呑まれ、『新世界』に迷い込んでしまう
どうにかして戻ることが出来ないか探るのと共に、『新世界』にあるものを見る為に、旅を続ける
天ヶ谷 昴から世界の情勢、『能力』や『魔術』、『組織』の話等を聞いた
『魔術』の適正があるかも調べてもらったが、残念ながら海原に『魔力』はなかった
彼女の連絡先が書かれたメモを貰う
ついでに彼女の兄である天ヶ谷 双葉の容姿の特徴を教えてもらった




【メモ】
天ヶ谷 昴から貰ったメモ(文章を引用)



【今後】
とりあえずは世界の散策
戦う為の力を得ること、そしてこの世界でも誰かを守れるようになること
彼の未来には、何が待っているのだろうか――