ギルマス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ギルマス
【年齢】25歳
【体格】171cmの痩せ型
【容姿】褐色の肌をした冴えない容姿の男
【装備や服など】ギルドジャケットに、腰にはポーチ。
両腿付近にガンホルダーがあり、リボルバー型の魔銃が装着されている

【設定など】
水の国冒険者ギルドのギルドマスター。本名不明。
基本明るくおちゃらけた性格で、その時々のノリで言動が変化するので安定感がない。
致命的なまでにモテず欲望に忠実で、おねーさんや豊満なバストをみると思わず目を奪われる。
しかし少女やぺったんな子に対しては「女性」ではなく
「子供」として認識するため、おにーさん的な接し方をする。ロリータノータッチ

ギルドマスターの座にいるからには何らかの理由があるのだろうが
仕事をサボっていたり同僚からナメくさられていたりと色々とダメっぷりを発揮している。

【技能】
<クイックドロウ>
抜き撃ちの技能。ガンホルダーからリボルバーを引き抜き素早く射撃する。
持つ手が手が霞んで見えるほどに速く最適化された動きに加え、正確な命中精度を誇るが
連射精度に欠け、更にわざわざ抜き撃ちを行う場面というのも限られている。

【武装】
<リボルバー(名称不明)>
リボルバー型の魔銃。弾丸は爆破や電撃などの下級魔術を篭めたものであり
実弾ではなく光の玉のようなものを射出する。
速度は弾丸に劣り目で見切れないほどではないが、用途が広く汎用性に長ける。
その他にも特殊ゴム弾も持っており、こちらも使用が可能。どちらを使うにせよ暴徒鎮圧用の「非殺傷弾」である。

<マジカルウェストポーチ>
魔法を編みこんだポーチ。見た目は小さいが内部には空間が広がっており
中から愉快なアイテムなどを取り出すことができるが役に立つかはその時々である

「今週のビックリドッキリギルマスシリーズ」

NO.1<トリモチランチャー>
強い粘着力を持つトリモチを射出する特殊なランチャー
攻撃能力は皆無だが、相手の動きを止めたり固定したり出来るため
実用性自体は高いが、弾速は遅く装弾数一発なため通用する相手や場面は限られる

●おまけ:今までクエストに出たモンスターリスト

  • ベヘモス突然変異種
山のように巨大な身体を持つ草食獣。本来の大きさは最大8m程だが
突然変異により60m程の体高を持つに至る。
攻撃的なスキルを持っているわけではないが、巨大な身体は動くだけで致死的な威力となる為危険。
肉は少し固いが牛に似ており、大人しい気性もあって生息域ではよく食肉として流通している。
一体から採れる肉の量も豊富で、妙な癖もない為一部では養殖などもされているという。
尚「ベヒーモス」とはまた違う種族のようである

  • クラーケン
海の魔物としてはポピュラーな部類となる魔物烏賊
海洋の魔物は地上よりも大きく凶悪なものが多く、船乗りたちにとって彼らの存在は悪夢のようなものである。
このクエストのクラーケンは足一本が10mを軽く超え、全長を計ったならば恐ろしい数値になったであろう巨大なものであった。
触手により多方向攻撃に加え、漏斗と呼ばれる器官から繰り出される高圧水流。
そして何より水上という人間が適応していない特殊な環境が冒険者を苦しめた。
肉はアンモニアを大量に含んでおり、とてもじゃないがまともな者が食せる代物ではない。

  • 風龍<フェルネスティア>
幻想種と呼ばれる超越種に属する一頭。風を自在に操る魔龍。
かつては人間との共存を夢見ていたが、それを残酷な形で破られる形となり人間と敵対する。
生まれついて風に愛され風の魔性を身に刻んでいるため、息をするように自然に魔法を扱える。
翼膜に魔力を集中させることで繰り出される亜音速移動
高威力の魔弾を雨のように降らせる広範囲攻撃
渦巻状に魔力を練り上げ大規模の竜巻を発生させる殲滅魔法
そして、竜種に代表されるドラゴンブレスは半径約25m範囲内を跡形もなく消し飛ばす威力を持つなど非常に高スペックだったが
冷静さを欠いていたためか多くの隙を有し、冒険者達の攻撃の前に遂には敗れ去ることとなった。

  • 八岐大蛇
かつて櫻の国で猛威を振るった伝説の魔物。
八つの長大な首を持ち、それぞれが光熱や火炎、氷、毒、呪いなどの凶悪な特性を有し冒険者を苦しめる。
胴体の中心に存在する核を破壊されない限り無限に再生する為
それを見抜かない限りは勝利を望めないという理不尽なまでの性能を誇った。
最終的には討伐されることとなったが、単体性能で此れに比類するものは少ないだろうと考えられる
当然だが瘴気に塗れているため食肉としては期待できないが
首の骨を加工して様々な属性の武具を造ることが可能であった。

  • 要塞鯨
砂の国の特殊地形に生息した鯨の魔物。
全長数百mと、これまでの巨大モンスターの中でも最大サイズを誇る。
体内に取り入れた無機物を自身の器官として再構成する特殊スキルを保有し
それにより身体から無数の凶器を生やしまさに一個の要塞と化すことが出来る。
食肉としても優れており、普通の鯨と同じような食感に加え魔力も秘めている。

  • 水晶龍(クリスタルドラゴン)
水晶洞窟の奥地で発見された希少龍種。
「光」の魔力特性に加え、水晶を介した「魔力吸収・変換」の能力を有する。
両腕部に長大な水晶のブレードを備えており、身体能力の高さと相まって近接能力は非常に高く
また、水晶装甲による防御力、光魔法による広域破壊、広範囲にして高威力のドラゴンブレスなど
攻防遠近全てに於いて高度な戦闘力を持っていた。
翼の部位には八つの魔水晶を八つさせており飛行能力を持たない陸龍であり
腕部に長いブレードを付けているため四足で這う格好が取れず常に二足歩行をしている珍しいドラゴンでもある。
学名は「クリスタルドラゴン」。場所によっては「レインボードラゴン」「ミラージュドラゴン」などとも呼ばれる。

またクエストがあったらその都度追加していくのだぜー