メアリー・シェリー《№58》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あの糞マスターめ!いつか必ずぶん殴ってやる!」

―Data―



Name メアリー・シェリー
Age 0歳
Sex 女性型
Race ガイノイド
Height 160cm
Weight 200kg
Affiliation メイドロボ(戦闘&秘書)




―Profile―
ガートルッドがカノッサ機関に入るに当たって、一から創り上げたメイドロボット。自分の副官として動くようにしたため命令の全てを聞く訳ではない。
珍しく、ガートルッドの制作物の中では人間的な物で、口調はヤンキー。色々な漫画を読みながら次の開発物の案を練っている内に出来てしまった。
主思いであり、創造主であるガートルッドの生活が不安定過ぎる事を心配している。たまに、5日徹夜等をするガートルッドを殴り飛ばし、無理やりベッドに放り込む。
主のためであれば、主に反する事も吝かではない当たり、忠誠心が伺える。口調も行動もメイドっぽく無いが、働くときは働く。公私の切り替えが上手いタイプである。
前ナンバーズサミュエル・シルヴェスター《No.58》を殺し、その座を奪い取る形でナンバーズの座に付いたようだ、
現在、主であるガートルッド=エリッド《№91》の命令で、色々と物を集めている様だ。各地で物を略奪したりするメイドが見れるかもしれない。

格好は基本的なヴィクトリアンメイドスタイルと言えるだろう。ホワイトブリムは標準的なヘッドドレスを被っている。ロングスカートに編み上げブーツである。ロングスカートと編み上げブーツである。大切なことである。髪の色は赤、眼の色は青である。青は空っぽい青というよりは深海系の青だ。
因みに下着はドロワーズ。
―Skill―
《家事能力全般》
大体の家事はこなせる。DSお料理ナビとかが頭の中に入っているらしい。
彼女が作られてから、研究所の財政が少し良くなった。

記憶領域のバグで、カレーしか作れないことが発覚。
でも、カレーだけは上手い。

《重力操作》
金属製フレームに、セラミック製のボディという物は存外重いものである。
そして、それをそのまま動かすのは出力を大きく食ってしまう。その為に重力制御で全体の重さを低下させ、それで稼働時間を伸ばしているようだ。
この機能のおかげで、高耐久であるのに、並の素早さを得ている。

自分の周囲に拳銃を浮かせて、引き金を引くことで一斉射撃をすることが出来る。
狙って撃つのには向いていない為、相手をビビらせるため、または面制圧の際に使用する事が多い。
大人数を相手取るときには有効かもしれない。

エネルギチャージャーを使用することで一時的に強化。
重力操作能力を協力なレベルで使用できるように成る。

《高速換装》
之こそ、メアリーのメインとなる物だ。
武装を内部スペースに収納し、即座に取り出す事が出来る。
内部スペースは、ガートルッドの技術により、大きく拡張されている。
しかし、AIの設定ミスなのか、ガートルッドの趣味なのか、搭載されている武装はゲテモノばかりである。
拳銃は袖から出てくる、どんなサイズであろうと。

《戦闘機能》
銃撃をメインとしてブレードの遠隔操作を主とする。

『ガンズカーニバル』
両手の拳銃の残弾の全てを一瞬で撃ち尽くす必殺技。
パイファーツェリスカでやれば腕に凄まじい負荷がかかり暫くは腕が動かない。

『グラヴィティ・スラッシャー』
線状の重力力場に依って、一点に重さを集中させ、その自重自体で叩き切る技。
防御がしにくいが、切り裂かれる前に力場から外れればダメージを追うことは無い。
威力を発揮するのは大体重さがかかってから0.5秒後位から。
出力次第でいくらでも威力を持たせることが出来るため、汎用性が高い。


―ARMS―

―etc―

counter
-
Last update
2011-06-14 01:17:51 (Tue)