白髪 桜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気がついたら僕には”今”しかなかった

”前”も”後ろ”も何も無い事に気付く事に時間はかからなかった


【名前】
白髪 桜

【性別&年齢】
16歳♂

【容姿】
フード付きの黒のローブ
交じりっけない耳の隠れる程度に伸びた黒髪
深く、どこか遠くを見ている漆黒の瞳
中性的で性別のわかりづらい声

フードで顔は見えないが、むっちゃ女顔
俗に言う男の娘

ちなみにフードの下はマフラーと巻いて肩を露出している変わった服
詳細はこちらを黒の服にし、白のラインを入れた感じ

身長 170ぐらい
体重 よくわからないけど平均的

【能力】
契約使い魔
自身と契約した使い魔を召喚する能力
使い魔の活動範囲は契約者の半径15m程

魂の酷使
使い魔の能力で得た武器を自身の魂を使い、使用する能力

武器は刃のついたブーメラン
ブーメランといっても形状は片手剣
投げた後、空中で対空する機能があり又、投げた後に少しぐらいなら飛ぶ方向を変える程度に操作可能
そのまま刃物として近距離戦闘も可能

【過去】
詳細は不明
両親の顔を覚えていないらしい
学校に行ってなかったらしい
昔、レストランでバイトしようとしたらウェイトレスの服を渡されたとか

【備考】
知らない人が見たらどう見ても美少女
そのため、誰かに顔を見られるのが大の苦手
未成年のくせに酒好き、酒の味を知らないのは人生の半分を損しているとか
火之海兎 翠水が初めての友達になった
しばらく寝床が無く困っていたが、竜崎遥人の泊まっている宿にお世話になる事にした

ウェスカ・クルーガーに哲学者の卵を打ち込まれる

【所持品】
  • 魔導書
ヴォルフィーネから勝手に拝借したもの
桜曰く「全部覚えた」とのこと

+ その他詳細

【INUTILIS•MARIA】
哲学者の卵が孵化した時の名前
INUTILISはラテン語で無用の意味

いらない
悪は
なら、それを振りかざす自分は?
もう、いらない

黒い仮面
左右非対称の目だけが描かれた漆黒の仮面
瞳は、赤、黄、橙などの色にカラーリングされ、黒の仮面とは違い明るい色なのが逆に不気味

竜崎遥人に破壊してもらった仮面など、まだ卵が機能しているかは不明

【正体】
通称「負の遺産」
悪魔・死神・悪霊....人間などの悪の象徴と呼ばれる存在
本人はまだ自分のその正体に気付いていないし、気付いてはならない

使い魔
【名前】
ワルキューレ

【容姿】
胸元、肩、胴、脚、を露出した鎧を着用
腰に剣を装備した女性の姿

身長180
体重は[禁則事項です]

スリーサイズは不明

特に変わった能力は無い
エロいお姉さんキャラ

【役割】
表向き桜の護衛
実際は桜が「負の遺産」という正体に気付く事無く最後を見届ける事

現在は桜の脳内で卵の分析中であまり外には出ない