神裂 翼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最っ高に.......楽しくなってきたぁぁぁっ!!




【名前】神裂 翼(かんざきつばさ)

【容姿】赤髪で短髪で眼は深紅。
    背中にでかい大剣を背負っている。
    服装に興味はあまりないとのことで、青ジーパン以外はフリーダムだが、
    英語の書いたTシャツを良く着ている。
    身長は高めで、表ではいつも楽しそう。

【能力】<炎の盾>(フレアシールド)
    物を媒体とする能力。

    ある物を媒体として、それを炎で包むというもの。
    同時に展開することも可能だが、物を必要とするため、
    物が無ければ、発動不能である。
    使用できるのは自分とその他の無機物で生物でない物
    応用性が高く、とある戦いでは剣を相手に突き刺しておいて、
    相手を中から燃やすというひどい使い方をして見せた。
    妖刀を手に入れた為に、炎を出すという単純かつ強い能力になった

【戦闘】まきびしをばら撒くのがまず基本。
    現在は、まきびしどうしがワイヤーで繋がっており、相手をとらえることもできる。
    また、ワイヤーは細い爆弾でできていて、壊せば爆発する
    後は、大剣での接近戦、本気を出しての日本刀によるスピード戦が基本。
    また、蹴りも使用し、接近した状態で隙あらば足をけってくる。
    これで足の骨を砕いたこともあった。
    遠距離にはめっぽう弱い。

【性格】戦闘を求める狂人だったが、とある妖怪と戦った後
    信念を持って行動するようになった。
    その妖怪いわく、勝利を求めているらしい。

    口癖は「楽しくなってきたぁっ」
    主に、戦いの好敵手を見つけた場合にいう。

【武器】大剣<<大蛇>>
    重量と大きさと厚さが凄い大剣。
    攻撃力と防御力に優れているが、使いこなすのは難しい。
    今のところ使った技は<炎壊>と奥義<<炎獅子走破>>
    炎獅子走破は身を削るような技。

    日本刀<<八岐大蛇>>
    大蛇が燃えていくと現れる日本刀。
    素早さと使いやすさに優れているが、一撃の威力は下がっている。
    今のところ使った技は<炎桜>
    心臓が止まるまで燃え続ける技

    ナイフ<<火之児>>
    刃渡り十五cm程の小さなナイフ。
    刀身の根本には、〝火之児/ヒノコ〟と書かれている。
    触れれば、うっすらと熱を感じ、力を込めれば、その熱は強まる。
    花城 火燐からの貰い物。

    妖刀<<陽炎>>
    アルルカンと戦った際に手に入れた霊鉄から作ってもらった日本刀
    刀身は黒く、力を込めると紅いオーラに包まれる
    まだ制御出来ていない。ちなみに、カノッサ機関の下っ端の友達に作ってもらった
    紅いオーラは、能力である炎の力を圧縮したもの    

【使用する技】大剣……<炎壊>
       炎を纏わせた大剣による真っ向上段の太刀筋
       単純でありながら、威力はなかなかの物
           <炎獅子走破>
       奥義である大技
       体も剣も燃やしながら突っ込んでいく攻撃
       体力も魔力も大幅に消費する
       非常に危険で恐ろしい威力の技

       日本刀……<炎桜>
       刀身を燃やしながらの突き
       威力は中といった所だが、相手を中から燃やしたりと、
       やり様によって化ける技

【備考】この世界にはあまり慣れていないが、すぐに戦いたがる欠点を持つ。
    魔法とかは使えないようだ。
    ぶっちゃけた話、まだ戦闘にも慣れていない。
    戦った後は誰とも仲良くなれる.........筈。
    花城 火燐との戦いの後から、自ら悪人と名乗り、悪をつぶそうとしている