棚崎 範定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とりあえず、雛形だけ

プロフィール

名前 棚崎 範定
なまえ たなさき のりさだ
性別 男性
年齢 25

外見

赤い短髪、所謂ソフトモヒカンに切れ長の瞳、縦に長い顔と異様に細い眉。
身長の高い、痩躯の男性。
服装は細い体を際立たせる黒のスラックスに半袖ブラウス、同じく半袖のジャケット。
手首にはオニキスの数珠を付け、腰にはベルトに提げる形で木魚を、後ろポケットには経文を。
加えて背中に卒塔婆を二振り、クロスさせて背負っている。

キャラクター

櫻の国出身。
ホストみたいなナリして寺の跡継ぎ、ダメ息子である事は言うまでもない。

ひたすらに女好き、突き抜けて女好き。
臭いセリフも大好き、よくどこぞのラブソングから歌詞を引用している模様。
クールを気取っており、良くニヒルな笑みを浮かべ、自己満足に浸っている。
もし言い寄られたら、容赦無く金的をかますと吉。

ちなみに、特技は木魚を使ったサッカー。

「Stairway to…… ~彼岸でもまた、君と~」

勿論本人による命名。触れた物に「霊力」を与える能力。
要するに超常的な力により、対象を物理的に強化する。
強化の方向性は様々で、ある種物体に新たな機能を付与する能力とも言える。

霊魂を与えられたものは白く、淡い光を発する為、
不可視の存在に付与した場合、靄のような形で露見してしまう。
操作・射出も可能であり、所謂波○拳のような挙動を見せるようだ。