想蓮牙/Desire fang


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型番/機体名】 RA-05X 想蓮牙/Desire fang

【ユーザー】   柳井 一樹


【世代/種別】  第二世代/軽量級



【全高】2.3m


【機体概観】

腰部サイド実体剣収納用ホルスターに実体剣『連牙』を二組装備し、背部にエネルギー追加用プロペラントタンクを装備するライトブラウンの機体

第二世代型特有の無骨さと、単眼式センサーバイザーが
漢のロマンを刺激する――決してポンコツなどではない


【機体解説】

此花重工製 第二世代ギアフレーム 『RC-04 睡蓮』
をベースに製作されたワンオフ機体

ベースこそ第二世代と旧型だが、
ユーザー 柳井 一輝の手によって多分に改良が加えられ
第三世代型に引けをとらないスペックを獲得した

長刀の実体剣『連牙』を2本装備し、二刀流を用いた近接戦を得意とする白兵戦用近接型ギアフレーム



【装備・機構解説】

『長刀 連牙』

日本刀のような概観の長刀、ギアフレーム用の実体剣として、
それなりのサイズと重量のため生身で扱うことは難しい

ロジックの基本装備"重斬刀"の様な『重さで叩き潰す』武器ではなく、実際に『切る』事を目的として製作されている


『コイルガン 十二式電送銃中期型』

電磁力によって弾丸を発射する武装『単発式コイルガン』

想蓮牙の右椀部に1機のみ組み込まれている、
想蓮牙の苦手とする遠距離戦をカバーする為に装備された物だが、威力、連射力ともに非常にたいした事は無く、主に牽制目的で使用される事が多い