聖 銀砦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】聖 銀砦(せい ぎんさい)

【容姿】銀髪の長い髪を腰まで伸ばし、白い袴と水色の陣羽織、下駄を
    履いている。女と見間違えそうな美少年。

【能力】《瀑布剣》
    刀身に水を纏った刀、鞘から抜いた瞬間から纏う
    水を纏ってるいるため刃こぼれしにくい、また血糊もつかないので
    錆びない 鞘には水しぶきの様な絵があしらわれている

【性格】基本的に人を殺さない、世のため人のためにならない”悪人”
    は斬るという、けれど”悪人”なら誰でもというわけではなく
    更生の余地、あるいは仕方なくそうしているものは斬らない
    物静かに話し、感情の起伏が乏しい。

【戦闘方法】我流の剣術・鯉昇流を用いる。肉体の制限がないゆえ、怪力を有している。
      得に強くない相手は殴る程度に済ませる

【備考】屍使いに召喚されるも儀式に失敗、術者が死亡した為
    自由の身に、現在放浪中。
    屍使いの儀式が失敗に終わった故か、痛覚があったり、自我があったり、腹も減る。
    一長一短な肉体である

【出会い】真木亞玄と出会う
     死んでしまった術者の埋葬を手伝ってもらう。

     黒澤優と出会う
     黒澤我信という男に伝言を頼まれる

     護衛任務に参加する、風森の忍達と戦闘になるがその途中”荒覇吐(アラハバキ)”と言う
     ”妖”が現れる。敵味方問わず襲う荒覇吐に、侍として大勢のものを守れねばならない
     と感じてか、単身突っ込み、戦闘となる。全長2mあろうかという鎧武者相手に
     奥義を使用するも結果は敗北。
     ”妖”と”屍”、そこに何か同じものを感じてか、戦闘中もどこか楽しそうな
     雰囲気をただよわせた。

         識槻 天月のテロに遭遇する

     今路 説夢(PN)と出会う
     腹を空かしていた所を助けてもらう。

         優志 龍麒と出会う
     青義組織に勧誘されるも、すぐには決断できず後で答えを出すといい去っていった