子子子子 子墨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は 〝わるいまじょ〟

〝我が城に遍く眠る偉大なる知識よ〟
〝我が声を聞け、我が願いを聞け、我が思いを聞け〟
〝其れは賢人、其れは知識、其れは歴史、其れは記憶、其れは世界、其れは宇宙、其れは全て〟
〝求めよ、真実は我が手の元に〟
〝我が前の者に、どうか賢者よ救済を〟

〝魔女〟 は言う。求める事は奪われることと、同義だと


Data



Name 子子子子 子墨(ネコジシ ネズミ)/パシエル/ディアナ=プレシセアス=ピラルフェルダン=ディゾールト
Age ?歳
Sex
Race 魔女
Height 153cm
Weight ???
Affiliation 古書店『子子子子堂』店主




Profile
古書店『子子子子堂』の店長、年齢不詳。見た目で言えば18~20程、割と巨乳。
古いデザインの眼鏡がトレードマークで口の端には常にキセルを咥えている。
煙管に入っているのは、タバコではなく薬草で、肺病の発作を防ぐ予防薬として常に吸っている様だ
髪の色は黒、眼の色も黒だが、目は光の入り具合に依っては赤にも見える。
髪は割とクセッ毛で、ウェーブがかかったロングである。
服装は基本的に露出の少ないロングスカートを好み、フワフワとした感じ。

実は割と長生きをしている、〝魔女〟である。確実には100歳超えは間違いない。
しかしながら、年齢について聞かれたりバカにするととてもいい笑顔を浮かべるので注意が必要。
かなり病弱な体をしており、〝魔女〟として人の領域を超えていなければ20にならない頃に死んでいる筈だった。
だが、それでも弱い体は弱いままであり、運動は基本的に殆どできない。
重い本の持ち運びは、基本的に魔術で行っていることからも、その貧弱さが分かるだろう。

自分のことを〝わるいまじょ〟と語る。
魔女狩りや異端審問にかかった経験もある、筋金入りの魔女である。

店にが入り浸っている。割と仲が良い様子。
気管支が弱いため、こまめに毛づくろいをしてあげているようだ。



Skill
子子子子子墨は、魔術師であり、魔力に恵まれている。
そして、長年魔術の研鑽を積んできた彼女だが、その得意分野は魔道具の制作である。
書店にうず高く積み上げられた膨大な書籍を検索する術式で大量の知識を蓄えている彼女は、何方かというと研究肌。

彼女の書店は、あらゆる術式が刻み込まれた『城』であるため、店内に於いてはその戦力は大幅に増大する。
しかしながら、戦闘が出来るほどのスペースが本に依って潰されているため戦闘をする事は無いだろう。
せいぜい魔力消費無しで店内で便利に魔法を使う程度だ(風魔法で換気、火魔法で暖房、氷属性で冷房etc...)

《検索魔術》

魔方陣の上においた書籍の中から一瞬で欲しい情報を引き上げる事が出来る。
子子子子堂は店の基礎に魔方陣が置いてある為、そこに有る大量の蔵書から情報を取り出せる。
店内に於いては、魔力の消費はほぼ皆無。店外ではある程度の消費は有るがあまり消費は高くない。

《文章具現~Light Write Right~》



Item

《魔術霊装-ゴギョウ》

子墨が封印していた、魔道具であり。その形状は只の魔術書である。
生きている道具であり、その内部のページは勝手に増減し、中にある術式も随時変わっていく。
その為、内部に収められている術式の判別は普通では不可能であり、子墨の検索術式でのみ使用できる。
使用時は、使いたい術式の有るページを千切り、それに魔力を通す事で発動とする。

《魔装-気まぐれな魔女の指先》

右の人差し指に装着された魔道具。光を発し、空中に文字を書くことが出来る。

《魔装-白い煙の火炎山》

真鍮製の古いデザインのキセル。一度火を入れると消したくなるまで消えない。

《魔装-踊る道化師》

左手の五指に嵌る、聖別された銀の指輪。魔力との親和性が高く、造形をしやすい。

《魔装-詐欺師の微笑み》

普段から付けている紅いフレームの眼鏡。幻術系統に対する弱い防御力を持つ。
かつての弟子の作らしい。

《魔装-飛ぶは夢光の知》

ザクセン・シェルナに本を売る代わりに作ってもらった栞。
素材は、新月琥珀と、霊鉄であり。
新月琥珀の数度の魔翌力開放を行うと自壊する性質と霊鉄の魔翌力を持った鉄という性質が組み合わされている。
薄く引き伸ばした新月琥珀を霊鉄ではさみ、自壊を防いで幾度も魔翌力を補充できるようにしている、そんな魔装である。
名を付けることで、子子子子専用の魔装となり、その効力を大きく増している、その上素材が良いため壊れにくい。
デザインは、銀色の薄い鉄板から、歯車・安楽椅子・猫・積み重なった本――それらを打ち抜いた、というもので、可愛らしいと子墨はお気に入りの品である。

《-It-》

クリスちゃんに貰った一冊の本。
『太陽の光を操り、自在に発火させる能力』に関する記述が成されている。
この本を使用すれば、その能力が使用できるようだ。彼女の宝物の一つ。

Etc...

counter
-
Last update
2011-07-28 19:03:23 (Thu)