Rio.Wulfstan(リオ・ウルフスタン)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 Rio.Wulfstan(リオ・ウルフスタン)
性別
年齢 25〜30程に見える
体型 180程の痩型




ー容姿ー
外観は30代程の細身な感じであり、黒スーツに白カッター、たまにジャケットを着ずに、ベストを着用している
ネクタイは常備装着で、黒ネクタイ、その格好に巨大な十字架を背負っている
その十字架には布が一面に巻きつけてあり、只の巨大な十字架に見えるが…?

ー設定ー
聖職者であったが、まず宗教に興味がないサボリ癖がひどい、しまいには女、ギャンブルに現を抜かし

追放、クビになる、現在放浪中でありその癖は治っていない
だが其の十字架はその男にしか使えないという不可思議である

其の十字架には一つ一つにストーリーが隠されているとか無いとか

ー性格ー
どうにでもなれー
なるようになるさー
そんな性格で、女好き



ー能力ー
十字架の形をした巨大な武器を扱う、
その武器は十字架の中心に丸い穴があいており、そこを中心に上下左右に刃が伸びる
刃の形は両刃であり先端は尖ってはいなく平である、その武器を4本所持しており、普段はその4本が全て重なり、刃の部位にアタッチメントが装着してる
状態で見かけは真ん中に穴の開いた巨大な十字架である、さらにその十字架を長い布で巻きつけているので、その姿は十字架そのものに見える

この能力者は、其の武器の扱いに長けており、その武器を扱う近接型
其の十字架はある自在に操作することができ空中に浮遊している、

その浮遊している十字架は能力者が触れなければ実態が露にならず、形はあるものの、すべてのものは通り抜ける


身体能力、身のこなし、敏捷性、反射神経に長け(鍛え抜かれた体操選手のような、アクロバチック)ではあるが、非力であり自身のダメージにはめっぽう弱い

ー武器ー
【Isabella-イザベラ】
【Angelica-アンジェリカ】
【Eva-エヴァ】
【Cordelia-コーデリア】
高さ170cm、厚さ3cmの十字架型の剣
真ん中に穴があいており、その穴の中に十字の持ち手が付いている、
刃はその十字架の左右上下4本全てに付いており、形は十字架そのもの
なので、その刃の長さも下の部分が一番長く、上の部分が一番短い、左右は上の部分より長い程である

刃も両刃ではあるが刃の先端は平らになっており、刃が無い、なので突くという行為で斬れる事は無い
普段はその全てが重なりあい刃の部分にアタッチメントが付いている
その状態では、真ん中に穴がいている高さ170cm,厚さ12cmの巨大な十字架である
その十字架を覆うように長い布で覆っている

この武器は他人が持つことは不可能この能力者が触れてからこそ、その実態が現れる

その4つの十字架にはそれぞれ、女性の名前が付いている、女性の意思がやどっているとか

ー戦闘スタイルー
近接型、十字架の剣を一つ手に持ち、他の三本は自身の周りに浮いている、その身のこなし、敏捷性で急接近してからの切り込みが主な
戦闘スタイル、だが、非力であるためか、
それだけでは相手に深いダメージを与えられない事もあり、空中で回転など、宙返りからのその勢いを付加させて斬り込むことが多い、
その他の3本は、自身の打たれ弱さを補うためにあらゆる方向に対処できるように、
その十字架を周囲に展開しているが自身が触れなければ実態が現れない、打たれ弱い事もあり、力があるものとの正面勝負などになると、
その十字架でガードしたとしても、辛いものがある、競り合いなどに弱く飛ばされることもしばしば、

その敏捷性と、トリッキーな戦闘方法