千年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此のアタシがわざわざ出向くと言ってんだ、勿論…あんたも来るんだろう…?



名前 千年(ちとせ)(名前など無いが、聞かれればそう答える
性別 妖狐/女
年齢 1000年ほど生きている
体型 160cm




ー容姿ー
九本の尾を持った狐、所謂、白面金毛九尾の狐
普段は人間の姿に化けており、その姿は正にこの世のものとは思えないほどの美貌を持つ

白をベースに真赤な彼岸花や金の刺繍が施された着物を来ている、そして手には日本刀を持っている

自身の身長程も長い髪はその角度によっては、明かりの照らせれ具合によっては白く輝くほどの金である
垂らしたり、纏めたりいろいろ髪型は変わる
肌も異常なほどの純白であり、その瞳は真紅


真実の姿は九尾を持つ狐であり、その毛並は上と同じく輝くような金の毛
尻尾は勿論9本あり瞳も勿論、真紅である人位の大きさの狐



ー設定ー
白面金毛九尾の狐と言われる者、万単位を生きた古狐が成ると言われているが
此の狐は千年ほどの年月でその者になった
その理由は解らない


ー性格ー
つかめない



ー能力ー
【能力】強大な妖力を持ったとされるその狐、元が獣であるためその身体能力は狐である
    その霊力を使い戦闘をする、使用する属性は火と水に特化されており、神通力成る者は持っては居ない外れ者であるが九尾には変わりはない

【狐火】
炎を操る能力、自身の周り10mに妖力で作った炎を展開できる、その炎の色は多彩であり赤からオレンジ、青い炎である
その炎を自身の周りに張り巡らせる、炎は形を自在に操作できる、だが、その炎は
燃え移る事は無いし、相手に火が当たったとしても熱さを感じるだけであり、火傷など外傷は起さない
では此れは何かと言うと、自身が炎を纏った状態で相手に噛み付く、引っ掻くという行動をとった場合にその傷口が燃え上がると言ったことである
その時初めてその炎が相手を襲うのである、その傷口に炎が纏わり付き、火によるダメージを長気にわたり与える
その炎は狐の妖力により出来ており、消すことは普通の炎より難しい、
また別にその炎の温度も火傷をしない熱い程度から、地獄の業火と言われる高熱の威力にまで調整できるが
妖力の消費が激しく、最大まで威力を上げある程度戦っていると妖力が底をつく可能性も考えられる、

【狐の嫁入り】
雨を降らす能力、その雨自体が狐の妖力によって展開されており、
水を操り雨を降らすその雨の範囲はせいぜい自身の周りから10m程度ではあるが、その量、勢いは自在であり
普通の雨から切れ味の良い刀の様な切れ味まで勢いを上げることが出来る、だが雨というだけあり上空からの攻撃である為
その雨が振ってくるその場所には必ず前兆がある(最初にポツポツと空から雨が降ってくるような感じであり、しばらくしてから、その勢いが生まれる)
勿論、盾など鎧などそういった物で防ぐことも可能であるが、その物を切ってしまうことも可能
だがその威力を上げれば上げるほど、妖力の消費は尋常ではなく、最大までその水圧、威力をあげある程度時間経つと、妖力が底をつく可能性が考えられる
この水は、防御壁にも使えるが突破しようと思えば突破できる、
その雨は面で振らせることになり、10mの範囲全部に振らせることは妖力の問題からして不可能であろう
水の色は無色透明である所謂普通の色
せいぜい人間一人分の幅、の範囲にその雨が降るといった感じ所謂、水の壁を作る、水の刃を降らせるといったニュアンス(その指定できる範囲が10m程だということ)

戦闘ロールじゃない場合は、普通の雨ぐらいだったらその範囲全体に降らせられる、かもしれない

【備考】
この狐は妖力を自然の力から吸収しており、少々の術であれば妖力の放出速度より回復速度の方が上回るため妖力が尽きることはないが
威力を上げれば上げるほどそのバランスは放出に偏るため

相手にダメージを負わせたいのであれば、どうしても妖力は放出に偏ってしまう、なのでその状態で長時間能力を展開しているわけにも行かないのだ

他にも弱点があり、その尻尾を切り落とすことで、その妖術の力を抑える事ができる、尻尾はロール終了後に又しばらくすると生えてくるが
その生えていない間、戦闘が何回もあると辛い

術の展開を弱めることで、徐々にその妖力は回復していくが、そこまで早く回復することは無く



ー戦闘スタイルー
基本的には、その妖術を展開しながら爪、牙で戦うその妖術は自身が危なくない限りその威力は高めることはしない
勿論その狐は狐であるからにその牙、口でみしか防御行動をとることが出来ず
武器相手の正面勝負、では防御の手段が口ではなかなか難しく、まともな防御手段が水の壁のみになる

後、その9本の尻尾は只の尻尾であり特に巻きつけて動きを封じることなどは出来ない
普段は女の形をしており、日本刀を持っている、普通程度に刀は扱えるが、その状態では能力者などとは全く戦えないレベルであり貧弱

戦闘は基本的に本当の姿、その九尾を持つ狐の姿で行うことになる、
その時は狐な身体能力

基本はこんな感じで後は応用