ガートルッド=エリッド#Theory


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下、ガートルッド=エリッド《№91》の開発した〝理論〟を記する。


科学による魔術理論


魔術に於ける類感魔術を科学により応用して創り上げた 〝技術〟 である。
類感魔術は「模倣魔術」とも呼ばれ、形の似ているもの同士はお互いに影響力を及ぼしあい、
その一方に作用すると他方へも効果が及ぶという「類似の法則」に基づいた魔術。
其れを応用し、科学の物を使用して、魔術を使用する事ができる。

科学に於ける電子回路は、魔術に於いては魔方陣となり
科学に於けるプログラムは、魔術に於いては術式であり
科学における電力は、魔術に於いては魔力なのだ

「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」との言葉が有るが、これは逆である。
魔術と科学の垣根を破壊する理論、それがガートルッドの理論である
科学により魔術を発動させているのだ。魔法が科学であり、科学が魔法なのである。

この〝技術〟の長所は、電力によって発動するため、魔力を必要としないという事だ。
その代わり、調整が難しいという点、普通の魔術と違い術式の柔軟性が無いという点が短所となっている。