ザクセン・シェルナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【容姿】

身長は170~180前後で、年齢や体重は不明。
瞳は紺色、髪は黒、肌は白っぽいが白人よりは、という具合。

眼と同じ色のレインコートと長靴が標準装備。星の国の工房がねぐら。
バックパックを背負っていて、中身は不明だが結構重い模様。
服装柄、正面に立たれてもしっかりと見えるのは口元くらいである。

ちなみにレインコートの下は純粋な人の体ではなく、人と機械(歯車が目立つ)の集合体。
本人曰く「半分人で半分機械の“半人半機”という生き物」だというが
その姿を見せることを極端に嫌がり、実際、白蘭千年に見せた際は
どちらも絶対に口外しないことを念押しした上、人目がない場所でようやくだった。(余談だが両者とも着物姿の相手だった)

【性格】

大衆市民的中立思想。つまりは善や悪というものには関わりたくないというタイプ。
これは生い立ちがそれなりに平凡だったことに加えて、世間に大した興味が無いことも理由の一つ。
斜に構えているというわけではなく、単純に人や世間より“物”のほうが好きというだけ。
ただし、「カッ」となった時はこの限りではなく、向こう見ずにも善悪に敵対したりもする。

そういったことを踏まえて見れば、多少気の使えない好青年といった感じ。
言葉のとおりに物が好きで、厄介ごとが嫌いで、それでも水の国に独力で工房を持つという大きな夢を持っている。

【能力】   ―――Ver1.3

不明だが機械に関係し、尚且つ物作りに便利な異能を有している。
背中の一等大きな歯車が関わっているようで、それが動くとコートの裾から刃が出た、などの事例がある。
それとは別に技術士としてもそれなり以上に有能であり、そのことには強い自信を持ってもいる。

また、彼の能力は彼自身の肉体にも大きな影響を与えていて
半人半機となっている理由も能力にあるという。

【所持品】

  • 『レインコート&長靴』
    半分機械で出来た体を隠すためのゴム製装備。
    絶縁体であり、撥水性抜群ながらも臭いが強い。それと見ていて暑苦しい。
    幾つかの代えを用意したようで、焼けて溶けたり汚れたりしても割と安易に手放すようになった。

  • 『バックパック』
    彼の技術士としての道具や財布、またその他が詰まった大きな荷物。
    これを背負って割と何処にでも行くので、ザクセンはバックパッカーであるといえる。
    また荷物の中には彼の“燃料”であるらしい砂糖の袋が絶対的に入っている。

  • 『黒いラジオ』
    上記の工房と共に与えられた仮設星の国支部庇護下の者の証。
    普段は工房に置いてあるが、外出時はバックパックにしまいこんであるらしい。
    背に真鍮色で一筋の流れ星の意匠が刻まれているのが特徴的といえる。

  • 『赤い箱』
    重厚な数段重ねの赤い箱。いわゆる道具箱。
    中には器具の集合体のような手袋や、素材となる人工石、竹などがぎっしりと詰まっている。
    基本的にはバックパックの一番下に存在し、重量の半分程度を占めていると思われる存在。

  • 『上級細工師の為の特級素材図鑑』
    昔から有るらしい古い本だが、現代の文献にも無い貴重な素材が載っている図鑑。
    ハードカバーで実に厚く、知識の代わりにザクセンのバックパックは日々重くなっていく。
    なお後述にもあるが、これを手に入れるために作った栞は現段階での彼の最高傑作となった。

【作成物】

ザクセンが今までに作成した物の一覧。材料は竹から超希少な鉱物までなんでもござれ。
余談だが売り文句の『義手義足から~』の義手義足は未だに(まともなものは)作っていない。

  • 魚鱗の髪留め
    白蘭に見せて評価と信頼を得、フェーデに手渡して協力の証となった品。
    表面には蒼と銀の鱗が加工されて在り、手触りと見た目はかなり良いと言える。&br(惜しむらくは髪留め自体が少々安っぽい作りであることか。工房での価格は2,000ほど。

  • 緑竹のかんざし
    竹本来の緑色を、一寸も剥ぐことなく仕上げた素朴で軽量な品。千年に譲渡。
    僅かに香る竹木の香りと、人工石の山吹色が五感を様々に擽るような所がある。
    材質故に使用年月次第でささくれ立つ事、また他の材質に比べて折れやすい点が改善点と言える。工房での価格は1,500ほど。

  • 魔霊鉱のしおり
    子子子子 子墨に『上級細工師の為の特級素材図鑑』の代価として譲渡した渾身の品。
    新月琥珀と霊鉄を組み合わせ、幾度も魔力を充填出来るようにしたある種の魔術兵器でもある。
    ザクセンの品にしては素材が貴重で出来も大変良く、工房での価格は安くとも100,000は下らない。

  • ヴェスヴィオ
    初めてのお客様に依頼されて作成した火山そのもののような赤黒い長剣。
    異界鉱石という希少な素材を使用したためにザクセンお墨付きの過剰なまでの火力を誇る。
    作成者の知る限り世に二つとない素材で作成されたため非売品。価格はむしろ付けるに値しない。

【足跡】

雷の国、それも平和な田舎から水の国へと出てきた彼は白蘭と出会う。
ちょっとした行き違いと話し合いを経て最終的には商売の協定を組み、彼(ザクセンは“彼女”と勘違い)に宣伝を依頼。
報酬は紹介者の代金の二割という事になっており、またこの時に櫻の国へと興味を持った。

店舗を出すためには資本が要る。その為の商品を作ろうと星の国に素材探しへ行き、紆余曲折を経てとあるビルの屋上へ。
そこで竜騎兵のフェーデと竜のフランカに遭遇し、機関並びに仮設星の国支部への秘密裏の協力と引換に強力なパトロンを得る。
この際に魚の鱗で出来た髪留めをプレゼントし、また自身はスラムとシティの中間辺りにラボ(工房)と倉庫、加えて黒いラジオを与えられた。

場所は戻って水の国、工房の準備に立ち寄っていた街の一角で謎の少女に“襲撃”され、応戦する。
初戦闘ながら相手に傷を負わせることには成功し、なんとか生きて帰還することが出来た。
またこの際、数人の共闘者を目撃したが、その何れとも面識は無い。いずれ、会うことも有るだろうと記録はした。

素材を探しにとある山を訪れた際、その展望台で妖狐の千年と狐らに遭遇したザクセン。
かんざし作成の依頼を受けて緑の竹材に山吹色の人工石を用いたものをその場で作り、宣伝を対価として受渡する。
自身の体を見せた相手として、また同じ人でない者同士として(半ば一方的だが)千年に好感を持った。また次に狐を見たら適度に油揚げをあげようとも。

本格的に宣伝をと思ったザクセンは、街の壁・柱にチラシを貼り付ける最中、かつて戦場で姿を見た魔女、子墨に出会う。
彼女こそ本の迷い家たる書店の主であり、そこに誘われた彼は特殊な本を手にするため、与えられた素材で最高の作品を作り上げた。
知識の倉庫とも思える彼女との出会いは徐々にザクセンの視野を広げる手助けとなり、この頃を境に青年は少しずつ物以外のモノも見ようと考え始めることとなる。

表通りを歩くザクセンの耳に、路地裏よりの悲鳴が届く。何の気なしに足を運ぶと、そこでは龍人と思しき少女が男を殺すか否かの選択中。
殺しは良くないと説得を試みるも、古龍であるという少女は男を切り、鮮血を目の当たりにしたザクセンは舌鋒鋭く仮にも協力関係の相手を酷く罵り、男を救う為に病院へと走った。
この出来事によってレインコートに朱が付き、またザクセンは機関とはなんなのかということに(技術的には『使いづらい情報端末』にも)疑問を抱く。

機関という存在。血塗れのレインコートのまま、ザクセンはとある酒場へ足を運びそこでウェスカと遭遇、疑問をぶつける。
「殺人なんてする必要はあるのか」という問への答えは冷酷だったが、一先ず疑念の波は収まったらしく、青年はその場を後にした。
だが、あくまで一般市民という立場は揺るがせずに善悪の双方を批判する彼の姿は、もう一方の青年には「被害者面」と見えたこともまた重要である。

冷房を効かせた店内、本日も制作活動に勤しむザクセンのもとへ異世界風の格好をした少年・健太が訪れる。
彼は希少鉱石『異界鉱石』と西洋剣を加工して欲しいと良い、ザクセンは快諾。一週間の後に炎剣『ヴェスヴィオ』を仕上げ、納品。
この取引によってザクセンは貴重な異界の鉱物を一つながら手にし、そして――――。ga