ヨハネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 ヨハネ
性別
年齢 26
体型 180cm程




ー容姿ー
黒髪を盆の窪あたりで縛っていてその下から伸びる髪はブレーズに細く何本買に編んでいる
身長は180cm程であり少し黒い肌服装はいろいろであるが必ず長袖である

その服の下には悪魔の契約時に浮き出た刺青のようなものが前進に浮き出ており、顔の右半分まで浮き出ている
それは理解不能な魔方陣のような物である

ー設定ー
まず始めに此の物は時空を飛び越えこの世界に飛ばされて着たものである
何故そうなったかは不明

悪魔と契約せし契約者、そして其れによって力を得た能力者
その悪魔の名はバアル・ゼブブ、元は天使であった、神と呼ばれた者
バアル・ゼブル「気高き主」「高き館の主」と呼ばれていた者であった
だが、人によりその者は悪魔に堕ちた、バアル・ゼブブ「ハエの王」と言われ伝えられ
その屈辱その負のエネルギーによりその者は悪魔に堕ちた
霊の導き手、蠅の王、暴食、羨望を象徴する者、そして向上心を特性とする悪魔その者と契約する者

純粋に罪を罰する事に執着しその魂を悪魔に捧げた愚か者
罪は罪によって罰せられるべき物である、自分に罪をかし、罪を滅ぼす
元はある教会の騎士団の一員であったが、その悪魔との契約、力を見られ追放される
しかし男は其れでも思いは曲がらなかった、純粋すぎる故に
そして男は自らの罪に気づかずに罪を犯し続け罪を罰してきた
だが、何らかの理由で
時を超えこの世界に飛ばされその世界をさまようこととなる

現在は何をするべきか、分からない其の様な感じである
自身の契約せし悪魔とは会話ができるが契約者以外にはその声は届かない

ー性格ー
前の世界では狂気に包まれている様な人ではあったのだが、
それも落ち着いたようで物静かな冷製な人として



ー能力ー
その能力の全貌は不明である、そして以下はハッキリと内容のある能力である

1.蠅の王としての力
その感覚を研ぎ澄まし、自身の見る世界をスローに感じることが出来る、見ることが出来る
だが精神力の消費は激しい故長時間維持するのは不可能であるため一瞬一瞬での使用となる
使い過ぎると激しい頭痛、嘔吐感、吐血、あらゆる症状が現れ戦闘にもならなくなるので注意が必要

2.羨望の向上心
戦闘中における身体能力の向上、相手への羨みがその力を解放する
だが本当に歯がたたない相手であること、それが発動条件であり、本人は此れが能力だとはまだ気づいていない様である
(戦闘毎にリセット、その効果は継続されることはない、相手の力量を上回ることも不可能、あくまで自身の身体能力の向上であり)
(極端な例ではあるが能力によって物凄い早く動ける人がいたとしても、そんなスピードで動くことはできない)

3.バアル・ゼブブが王で有った時、バアル・ゼブルであった時に所持していた聖剣を召喚する
だが、その剣は既に魔剣と言われるその物である
自身の血を捧げることによりその魔剣としての力を解放する

4.蠅を統率する力
蠅を殺すと言われていたその者であるが、悪魔に落ちその力は蠅を屈服させ操る力となる
蠅を召喚し、其れを操る事が可能
(常識的範囲で、その蠅は普通の蠅であり目眩まし程度か)

5.不可解な力
自然治癒力が備わっている様でありその傷の治りは早い
腕がもげても生えてくるなどそんな事はあるのだが激痛が走りその間動くことも不可能
新しく生えた手は握力が戻るまで時間がかかるなど
まず戦闘中などには使うことが出来ない、その傷の大小関係なくその痛みは同じ

【武器】
屈辱と言う名を持つその魔剣
全長約120cm、刃長90cm、柄長約30cm程の刀身がやや湾曲している曲刀
だが、その刀身は錆び、その物は切れ味が著しく低下している物でありよほど力を入れないと切れることは敵わない

だが自らの血を捧げることで力が解放される、深紅の刀身を見せ、切れ味は凶悪刀身からは常に血が滴り落ち
その剣で斬りその接触している間は相手の血液を吸い上げると言う効果を持つ
だがそこまで吸収が早いわけでは無い、それを突き刺されたのであれば話は別ではあるが

【出来ないこと】
その悪魔自体を召喚することは出来ない
あくまで剣士として契約を行ったものであり魔法を使うことも出来ない

【要点】
  • まず剣は通常では切れることはまず無いと考えても良い
それを解放するには血が必要であり武器を強化する代わりに自身の動きは多少鈍くなる
(避けれると思っていたが避けきれない、体がついて行かないなど、そんな事)

  • 現時点では全ての力は不安定であり、完全ではないようだ、今後解消されるかも知れない
(不発で終わることもあるなど)

  • その力の全ては能力者じたいもわかっていない、今後の成長も、未知の力の発足もありうる

  • スローに見えると言っても自身の動きが早くなるわけではない事


ー戦闘スタイルー
剣術に長けており、その剣で接近戦をこなせる程の身体能力であり高いほうだと言える
近接型の剣士タイプ