人形院 形代


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前

人形院 形代(にんぎょういん かたしろ)

容姿

【黒いスーツに黒いネクタイ、黒い革靴 に黒いウルフヘアーという全身がほとんど黒い男】
【黒で無い部分はと言えば、様々な色の石がついている10の指輪と右目のモノクル】
【右手に持った銀のアタシュケースに、左手首の石の埋め込まれたブレスレットである】
【年は10代後半から20代前半…といったところか…整った中性的な顔立ちに細い体をしている】

能力

人形に魔力を送り込み、操る能力のようだ
自身の能力を 人形劇団 と名乗っているが詳細不明

プロフィール

"一族"と言及しているところから、人形院一族という一族の一人のようだ。
"一族のバカ共"とは違う、と言うなど余り仲がよくないように窺えるが…?
中でも 空繰の爺 という人間が彼の一番の問題のようだ。

人形達…彼が操る人形達の容姿とその能力など。

  • ワイオット
形代の左手、人差し指の赤い石の指輪から出現する人形
【30cm程度の赤髪の人形】
【赤いノースリーブに、青いGパン、額には赤い石の埋め込まれたサークレットをつけている】
【それはまるで小さな人間そのもののようだ】
どうやら炎を扱う人形のようだ。
調子が良く、軽い性格に見えなくも無い。

スキル

人形魔法術式

人形にのみ適応できる、特異な魔法術式。
普通の魔法ではないため、詠唱などの過程が少なくて済むという利点がある。
  • 第二式 圧縮
通常の人形が放つ魔法を圧縮して放つ術式
見た目は同じでも、威力や速度を格段に上昇させることができる。