レア・ヴァルケンハイム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■容姿■
身長:160cm以下。小さい
体重:軽い

濃い灰色のボブショートにくりくりとした焦げ茶の瞳。
身体は細く小さいので、一見女の子に見えないこともない。

上半身をすっぽりと覆うマントを身に付け、下に白いシャツを着ている。
擦れた色のジーンズを履き、ショルダーホルスター型のサスペンダーを着けている。
いずれも微妙にサイズが合っておらず大きめだが、行動に支障は無い。

■装備■
二本の小剣。
サスペンダーと一体になっているホルスターがあり、普段はそこに収まっている。

睨み付けるような目つきが彫られた、白い仮面。
マントの裏側、左胸を覆う位置に一つ収めている。
マントに仮面を自然に隠せるよう、マント自体にも加工が施されている。

■能力■
  • デュアル・フェイス
マントに隠している仮面を顔につけている間のみ、もう一つの人格である「狼」と入れ替わることができる。
気を失ったレアの腕を操って仮面を装着する辺り、ある程度の融通が利くと思われる。

「狼」と入れ替わった場合、全身の筋力が格段に増加する他、無意識にかけられたリミッターを解除することができる。
代わりに魔法の類を一切使うことができない。
レアはこのことを秘密にしており、自ら仮面を着けることはあまり無い。

  • 「狼」
仮面を装着している間のみ発現する、もう一つの人格。自称「殺す者」。
レアとの付き合いは長い(曰く「ほぼ生まれた時から」)が、名前が無い。「狼」という呼び名は仮称である。
何よりも闘争に価値を見出す戦闘狂。痛みに耐性があり、レアの知り得ない知識を持っている。
頭は悪くないが思考に問題があり、死なない程度であれば大怪我・身体部位の欠損も厭わない。
何を考えているのか分からず、精神的にレアより上位なのか下位なのかも曖昧な存在。

  • 剣術 /共通
小剣を扱って攻撃する術。
レアは一本しか扱えずに太刀筋もごく真っ当であるため、熟練した相手には通用しない。
反面、「狼」は二本を己の手足のように操り相手を切り刻む。
肉体強化を使用していれば、それこそ激しい嵐の如く刃を振るう。

  • 原始的な魔法 /レア
何にも変化していない純粋な魔力をそのまま発する、魔法とも呼べなさそうなもの。
攻撃・防御に利用できるが、直感で使っているのでロクにコントロールできていない。
使いすぎると消耗し、動けなくなってしまう。
魔法的な訓練を積めば、あるいは魔法使いとしての道も開ける…のか…?

→地の国にあった魔方陣を無意識のうちに即興で書き換え、別な魔方陣に書き換えた。
 当人は覚えていないようだが、能力に多少の影響は出ているようだ。

  • リミッター解除 /狼
人間はその活動を維持するため、全身の活動に無意識にリミッターをかけている。
「狼」は肉体面におけるリミッターを解除し、爆発的な力を得ることができる。
ただし、これを使うと使用した箇所が衝撃に耐え切れずにダメージを受け、最終的に自壊する。
自壊しないまでも激しい反動に襲われ、この時にレアに戻ると一歩も動けなくなる。


■性格■
学者気質でやや気弱な性格。何かに夢中になると周りが見えなくなる。
慌てると舌が回らなくなり、混乱する。
感情豊かで程よく素直。良くも悪くも子供だが、頭は良い…多分。

■持ち物■


■行動記録■