ユイ・シュウェ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

項目 内容
名前 ユイ・シュウェ
属性
性別 女性
年齢 17歳
身長 158cm
体重 45kg
B/W/H 73/55/80
所持 ビニール傘(100円)
出身 水の国(?)
髪色/瞳色 淡い蒼色/蒼色
備考 黒いローブを常に羽織っていて、その下は白と青の巫女服。
背中にかかるくらいの淡い碧色の髪をハーフアップにしている。
病的にまで白い肌はあまり健康的とは言えないだろう。
小柄かつ控えめな胸、童顔も合わさってかなり年齢は低くみられる事が多い。
尚、運動神経は非常に悪く非力。反射神経は水準を超えているか、くらい。

・SKILL・
『レイン&アクア』
”雨乞い”と”水操作”の能力を合わせ持つ。
精神力や体力次第では膨大な量の水を操作したり出来るが、多様すれば最悪死に至る。
”雨乞い”は小降りから土砂降りまで操作可能。”雨乞い”単体では殺傷能力は皆無。
有効範囲は半径100m程度。目視出来ない場所の水は操作不可能である。

屋内戦闘では水が多量にある場所でないと、何も出来ない。

・CHARACTER・
遠巻きに見れば冷静、無表情、無感情に思われがちであるが話してみれば案外普通の女の子。
しかしながら内気で照れ屋なのであまり会話には不慣れである。後ろ向きな性格であり、面倒な子。

毎日の日課として”舞い”を行っている。彼女はこれを”悪霊を祓う為の儀式”と呼んでいる。
方法は鈴を両手首に巻いて”舞い”を行う。といっても端から見ればあまり派手ではない、地味なもの。
”儀式”は主に廃墟などの人気のない、治安の悪い所で行われる。更に、”舞い”単体では”儀式”は完了しないらしい。
彼女曰く「舞いで疲れて、倒れていればあっという間に終わる」―――らしいが、果たして。

彼女は自身の力を”悪霊”の賜物と言う。自身に悪霊が憑いていると言うのである。害は無いが、過去に一度だけ制御出来なかったとの事。
名も無い村の出身であるとイミナ・ハルネアとの会話で判明。生まれた時から”雨乞い”の異能を有していた様だ。
水を操作する異能が身についたのは村を出る前―――彼女の口ぶりからすると”悪霊”を制御しきれずに村人を惨殺してしまった時。

現在は”悪霊”を祓う為に毎日”儀式”を行っている。生きる目的が”悪霊”を祓う事になっている節がある。
既に彼女は”終わった者”の瞳をしており、自分の過去や”悪霊”の話になると会話に齟齬が生じる。

尚、彼女に”悪霊”が憑いていると進言したのは村人達であり、”儀式”を教えたのも村人。
彼らは彼女が九つの時から”儀式”を”手伝って”いたのだが――――……彼女はそれを”皆幸せな顔をしていた”と表現している。

《水奏の巫女》の名をイミナ・ハルネアより授かっている。本人は気に入っている様だ。

・TACTICS・
”雨乞い”で降らせている雨を操作する。多種多様な形に変え、相手を襲う。
大気中に留まらせたり、多量の水を盾にしたりと変幻自在な戦法が得意。
遠距離戦では優位に立つ事が多いかもしれないが、接近戦になると完全に不利。

尚、屋内戦闘では(ry

・A NOTE・
  • 水の国との関連性は今の所は不明。
  • 名も無い村の出身であると判明。正確な場所までは不明。
  • 習慣として毎日”舞い”を行う模様→ユイはこれを”儀式”と呼ぶ(上記参照)
  • 料理がど下手くそ(鍋が爆発して空を飛ぶレベル。またはダークマターを生み出すレベル)
  • 殺されそうになったら”悪霊”にお願いして殺して貰う。あくまでも”お願い”(操作してるのは本人だが……)
  • ”悪霊”は意思疎通が出来ないが、実は出来る様だが……。

添付ファイル