鈴木 正


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「無念也、我が王道。邪念也、我が剣技」


【容姿】
そこらに量産されているサラリーマンのような容姿
(黒の短髪に、ハリのない灰色のスーツ着用)

【能力】
鈴木本人は能力者ではない。
強度が脆いが刀身が折れても超速再生出来
しかもその折れた刀身を5つまで操れる妖刀「蜥蜴」を所有している。
ただし、精密に操れるのは2本まででそれ以降は本数が増えるほどに精度が落ち大雑把にしか操れない。
本人の剣の腕前は1流には至らない。いいとこ1流半である。
刀の切れ味は普通の刀と変わりない。

【性格】
  • 鈴木
普段は気弱で弱腰でうだつの上がらない性格。
目立たぬように生きていたいと思っていて、その為保身に走ること多し。
基本的に自分が良ければそれでいいと思っている下衆。
当然人望が無く、負のオーラを醸し出しているので好かれる要因は無い。

  • 剣鬼
抜刀時の性格
好戦的で血を好み、肉を斬る感触を好む。
自称・スズキと言う人の名前を捨てた剣鬼。

【戦闘方法】
普通に剣術を用いて戦えるが、妖刀の性質を生かし
折れた刀身を用いて多角的な攻めや絡め手を用いることも。

【備考】
桜の国の出身。拳銃や魔術の類を嫌う。
和風な物は基本的に好んでいるが洋風な物はあまり好きではない
(ただしスーツは例外。電子機器などは日常生活で用いる為嫌々使っている)

奥義

斬一(ザンイツ)から斬六(ザンム)までの六つの型が存在する。
本人は斬二・斬三を得意としている。鈴木本人のスペック上何本も精密に操れるほどではないから。

+ 斬一(ザンイツ)

+ 斬二(ザンニ)

+ 斬三(ザンサ)